スラウェシ島にある海洋都市マカッサル

赤道直下にある大小さまざまな島々からなる国、インドネシア。今回はそのインドネシアで4番目に大きな島スラウェシ島にある港湾都市マカッサルを紹介します。スラウェシ島最大の都市であるマカッサルは、1971年から1999年までは、ウジュン・パンダンと呼ばれていたので、こちらの名前で知っている方も多いでしょうか。現在は南スラウェシ州の州都で、人口は約134万人。この地は、古くから海洋貿易の拠点として栄えていました。13世紀から17世紀にかけて栄えたゴワ王朝も、現在のマカッサル市の郊外に宮殿がありました。

海に面した、インドネシアのスラウェシ島最大の都市マカッサル。その過ごし方は? 海に面した、インドネシアのスラウェシ島最大の都市マカッサル。その過ごし方は?

スパイス交易で発展した町

ゴワ王国時代、マカッサルの主要な交易品目は香辛料でした。スラウェシ島よりも東にあるマルク諸島から運ばれて来たクローヴやナツメグといったスパイスが、ここで積み替えられて西へと向かいました。ゴワ王国時代には、アラブやインド、中国、タイといった地域から商人たちが訪れていたといいます。しかしゴワ王国はオランダとの戦いに破れ、他のインドネシアの地域と同様、このマカッサルもオランダの植民地下に入ります。

市内に大きな観光名所はないが…

マカッサルは大きな都市ですが、残念ながら市内に観光名所はあまりありません。町の中心部の海寄りにある、「ロッテルダム砦」ぐらいでしょうか。この砦はかつてゴワ王国の砦でしたが、のちにオランダに奪われてこの名で呼ばれるようになりました。現在は砦の中にあるいくつかの商館跡が、博物館として公開されています。また、市の南10kmほどには、ゴワ王国があった場所に当時の宮殿を復元した「バッラ・ロンボア博物館」があります。しかし遺跡が残っている訳ではありません。

マカッサルで人気の過ごし方は?

観光的にむしろ面白いのは、マカッサルから日帰りで行ける郊外でしょう。車で1時間ほどの距離にある「蝶の谷」のバンティムルン、先史時代の洞窟壁画があるリアン・リアン、「世界第二の規模」と言われるカルスト地形のラマンラマンなどは、マカッサル発の定番の観光地です。また、マカッサルは「食」の町として有名で、インドネシア人ビジネスマンの中には、マカッサル出張と聞くと人気のローカルフードが楽しみという人もいるようです。 観光よりも、海に面したレストランやカフェで、マカッサル湾に沈む夕日をのんびりと眺めるのが、マカッサルの一番の過ごし方かもしれません。