海外渡航歴25年目のトラブル

「海外取材によく行きます」と言うと、「しっかりしているのでしょう」と言われますが、そんなことはありません。実は2年前、海外旅行歴25年目にして、初めてパスポートの盗難に遭いました。それも世界的に有名な、インドネシアの仏教遺跡の“ボロブドゥール”でです(笑) そして「パスポートの盗難・紛失は面倒」ということは仕事柄知ってはいましたが、いざ自分がそうなってみると、実際にその通りでした。

トラブル発生! 世界遺産のボロブドゥールでパスポートを失くした話 その1 紛失編 トラブル発生! 世界遺産のボロブドゥールでパスポートを失くした話 その1 紛失編

パスポートがない!

その日の朝、私はボロブドゥールのホテルをチェックアウトしてタクシーに乗りこみました。基本的に私は、パスポートと貴重品は外出時には常に身につけています。しかしホテルを出て5分ほどしたころ、お腹に巻いている貴重品が何となく気になりました。見てみると貴重品入れのベルトはそのまま巻いてあったのですが、チャックが開いて中は空っぽです。そこで私はチェックアウトの際、パスポートと財布をそこから出してフロントに置いたことを思い出しました。確か、精算のときにそこから2つを出して重ねて置いて…。その後の記憶がありません。

ホテルに戻って探してみたが

運転手にUターンさせ、ホテルにすぐさま戻りましたが「そんなものは見ていない」と言われただけでなく、「すぐに日本領事館に電話したほうがいい」と不審なくらいすばやい対応。部屋に置き忘れたかもしれないと言うと、「もうクリーニングが入っているがなかった」との返事。それでも部屋まで見に行きましたが、やはりありません。チェックアウトの際に忘れ物はないか、部屋を見る習慣はあるので、その時はすでにもう無かったのかもそれません。

盗難か、紛失かが自分でもわからない

実はその日の早朝、ボロブドゥールの日の出ツアーに行ったのですが、「朝4時半にロビーに集合」とあまりにも早かったので、お腹に貴重品袋を巻いて行ったかは自分でも不確かです。「早朝」で戻ってくるのが朝7時ということで気が緩んで部屋に置いて行ったことも絶対にないとは言えません。遺跡で落としたのだろうと、ホテル側は言いますが、お腹に巻いていた袋からそれだけポロリと落ちる訳はないし、人がそばに密着するほど混んでもいなかったのでスリということも考えられません。それにその時になくなっていたら、もっと早く気づくはずです。すると考えは一周して、やはり「ホテルの部屋かフロントか」という気になるのですが、確信もないし、証拠もありません。そのため、ホテルに対しても強い態度を取ることができなかったのです。(続く)