世界遺産「人類化石出土のサンギラン遺跡(サンギラン遺跡)」の詳細情報

インドネシアの世界遺産・名所ガイド

Sangiran Early Man Site

人類化石出土のサンギラン遺跡

名称:人類化石出土のサンギラン遺跡(インドネシア
英語名称:Sangiran Early Man Site
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1996年

ジャワ原人の化石出土の地

インドネシアのジャワ島中部にあるサンギラン遺跡では、メガントロプス、ピテカントロプス・エレクトゥス(ジャワ原人)といった初期人類の化石が発見されている。ここでは約180万年前から10万年前までの地層から多くの化石が見つかっている。注目されるのは、70万年前から20万年前の地層でジャワ原人の化石が出土することだ。19世紀末にオランダ人医師のユージン・デュボアがジャワ原人の化石を発見。1930年代にドイツの人類学者ケーニヒスヴァルトが発掘を開始し、頭蓋骨、歯、大腿骨などの化石が見つかった。その他に、約150万年前のものとされる住居跡が発見されるなど、人類の進化の過程を理解する上で最も重要な場所の一つとなっている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!インドネシアの世界遺産最新情報

2015/10/19 世界遺産

いにしえの人々の思いに圧倒される ボロブドゥールとプランバナン

インドネシア旅行イメージ-ジョグジャカルタ郊外の丘の上に建つボロブドゥール遺跡 ジョグジャカルタ郊外の丘の上に建つボロブドゥール遺跡

首都ジャカルタがあるジャワ島は、1万3千以上の島々から成る世界一の島国インドネシアにおいて、中心となっている島だ。この島のちょうど中央部にあるのが古都ジョグジャカルタ。日本でいえば京都のような場所で、近郊にはたくさんの宗教遺跡がある。現在のインドネシアはイスラム教徒が大半を占めるが、イスラム教が入って来るずっと以前には、仏教やヒンドゥー教が優勢を誇った時代があり、その頃の遺跡が残っているのだ。なかでもいちばん有名で、いちばん大きいのが仏教遺跡のボロブドゥール寺院。シャイレーンドラ王朝の時代、8世紀頃に建造されたといわれている。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


インドネシアの世界遺産「人類化石出土のサンギラン遺跡」についてご紹介します。人類化石出土のサンギラン遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。