世界遺産「スマトラの熱帯雨林遺産(スマトラの熱帯雨林)」の詳細情報

インドネシアの世界遺産・名所ガイド

Tropical Rainforest Heritage of Sumatra

スマトラの熱帯雨林遺産

名称:スマトラの熱帯雨林遺産(インドネシア
英語名称:Tropical Rainforest Heritage of Sumatra
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:2004年

熱帯雨林、火山、湖などを有する自然

世界的な火山地帯として知られるインドネシアのスマトラ島。その南西部に広がる熱帯雨林は、約1万種の植物、200種の哺乳類、580種の鳥類など絶滅危惧種を含む多くの生き物が生息していることで知られ、固有の自然を残していることから、世界遺産に登録されている。グヌン・ルセル国立公園、ケリンチ・セブラ国立公園、ブキット・バリサン・セラタン国立公園の3つの国立公園にまたがる広大なエリアは、アジアゾウの亜種であるスマトラゾウ、スマトラ・オランウータンなど希少な動物たちの最後の楽園。また噴煙を上げる小規模の火山や湖など、豊かな自然が織り成す風景も美しく、後世に残したい大切な自然遺産だ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!インドネシアの世界遺産最新情報

2015/10/19 世界遺産

いにしえの人々の思いに圧倒される ボロブドゥールとプランバナン

インドネシア旅行イメージ-ジョグジャカルタ郊外の丘の上に建つボロブドゥール遺跡 ジョグジャカルタ郊外の丘の上に建つボロブドゥール遺跡

首都ジャカルタがあるジャワ島は、1万3千以上の島々から成る世界一の島国インドネシアにおいて、中心となっている島だ。この島のちょうど中央部にあるのが古都ジョグジャカルタ。日本でいえば京都のような場所で、近郊にはたくさんの宗教遺跡がある。現在のインドネシアはイスラム教徒が大半を占めるが、イスラム教が入って来るずっと以前には、仏教やヒンドゥー教が優勢を誇った時代があり、その頃の遺跡が残っているのだ。なかでもいちばん有名で、いちばん大きいのが仏教遺跡のボロブドゥール寺院。シャイレーンドラ王朝の時代、8世紀頃に建造されたといわれている。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


インドネシアの世界遺産「スマトラの熱帯雨林遺産」についてご紹介します。スマトラの熱帯雨林遺産の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。