ジャカルタグルメ・料理ガイド

ジャカルタグルメガイド

ジャカルタのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

インドネシア随一の大都会とあり、インドネシア料理だけでなく、日本料理から西洋料理まで世界各国のグルメも満足の食事ができる一流レストランも揃う。インドネシア料理はタイ料理と中華料理の中間ぐらいの味つけで、それほどスパイスは多用せず、辛い料理も少ないので日本人の口に合う。定番のナシ・ゴレン(インドネシア風チャーハン)、アヤム・ゴレン(フライドチキン)のほか、パダン料理をはじめインドネシア各地の郷土料理も試してみよう。(2015年編集部調べ)


ジャカルタのレストラン・屋台

高級レストランはホテルの中にあることが多いが、手ごろな中級レストランは市内のショッピングモール、高層ビルのアーケードなどで見つけやすい。王宮料理や伝統的なコース料理を提供するレストランもあり、観光客向けだが他では味わえないインドネシア料理が食べられる。旧市街のコタ地区には、コロニアル建築を利用したレストランがあり、やや高めだがオシャレな雰囲気だ。夕方からは市内各所にサテ(串焼きの肉)の屋台が出る。見た目はきれいではないが人気の店は人でいっぱいだ。衛生面で心配なら、サテ専門のレストランもあるので、そちらを利用してみよう。

ジャカルタの水・お酒

衛生的な問題から地元の人も生水は飲まない。商店やコンビニでミネラルウォーターを買って飲むようにしよう。飲み物は、カフェやファストフードショップでコーヒーや紅茶のほか、コーラなどの炭酸飲料も飲める。屋台や食堂ではエス・テ(アイスティー)やエス・ジュルッ(オレンジジュース)がポピュラーな飲み物だ。食堂のコーヒーは濾さずに底に粉が沈むタイプ。お酒はビール程度ならたいていのレストランで飲めるが、宗教上の理由から地元向けの食堂には置いていないこともある。


現地ガイド発!ジャカルタのグルメ・料理最新情報

2014/10/25 グルメ

インドネシアの名物料理「リスタフル」を食べるなら、ジャカルタのオアシス・レストランへ(後編)

ジャカルタ旅行イメージ-インドネシアの名物料理「リスタフル」を食べるなら、ジャカルタのオアシス・レストランへ(後編) インドネシアの名物料理「リスタフル」を食べるなら、ジャカルタのオアシス・レストランへ(後編)

さて、予約を入れて、この名門レストランへ行ってみましょう。コロニアル建築の外観はどっしりとした雰囲気で、歴史を感じさせます。店内に入るとまず広々とした玄関ホールがあります。重要な来客があると鳴らされる銅鑼は、18世紀に実際にジャワの宮殿で使われていたものとか。2階に上る階段脇に、多くの写真が飾ってあるのが目に入ります。席が用意される間、ここでこの写真を眺めてみましょう。クリントン元米大統領夫妻、阿部首相夫妻などの写真が、飾られているはずです。階段には、パプアの原住民の木彫りなどのアンティーク品が飾られています。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ジャカルタグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるジャカルタの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ジャカルタのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!