インドネシアではポピュラーな食べ物「サテ」

サテ(またはサテー)をご存知ですか? 「サテ」とはインドネシア語で「串焼き」のことで、インドネシアのみならず、マレーシア、シンガポールなど東南アジア各地で食べられている料理です。日本でいえば「焼き鳥」みたいなものでしょうか。インドネシアでサテといえばふつうは鶏肉ですが、日本の焼き鳥屋に行っても部位の違いや豚肉の串があるように、インドネシアでもやはり店によっていろいろな種類があります。また、地方によっても独特のサテがあります。今回は、インドネシアのサテについてのお話です。

インドネシアのエスニックグルメ、「サテ」を食べてみよう!(前編) インドネシアのエスニックグルメ、「サテ」を食べてみよう!(前編)

「サテ」ってどんな料理?

串焼きは中央アジアのケバブなど、世界各地で見られる料理ですが、マレー圏(インドネシア、シンガポール、マレーシア)で見られるサテの特徴を述べてみましょう。まず肉は日本の焼き鳥などに比べると、通常はかなり小さく切ってあります(約半分)。屋台ではとくにその傾向が強く、ひと串ひと口サイズといってもいいでしょう。だから注文も10本単位です。肉はあらかじめスパイスなどのタレでつけ込んであります。それをヤシの木の串に刺し、炭火で焼きます。屋台や店頭でもくもくと煙を上げてたくさんのサテを焼いている姿が見られますが、燃料はヤシの木や実を使うのが昔ながらのやり方。かなりの煙が出るので、露店が多いのでしょうね。

サテの肉は何が一般的?

サテの身というか、肉は一般的には鶏肉です。これは「サテ・アヤム」(アヤムは鶏肉の意味)といい、インドネシアではどこでも食べられていますが、ほかにもいろいろなバリエーションがあります。次にポピュラーなのが「サテ・カンビン」ですね。「カンビン」はヤギ肉のこと。「ヤギ肉」というと抵抗があるかもしれませんが、味としてはヒツジと似たようなもの。しかもヒツジよりは断然おいしいのです。肉の合間に脂身が刺され、肉と一緒に食べるとたまらなくジューシーな味わいが広がります。(後編に続く)