高級感ある地中海料理の「メディタレーニア」

「ブ・アグン」のそば、道の反対側には、ヨーロッパのカフェテラスのような外観の「メディタレーニア」があります。フレンチをベースにした地中海料理で、大きな白いお皿に少なめの料理がオシャレに盛り付け、ソースを垂らした肉料理や魚料理は、高級感があります。店も上品な感じですね。軽く食べるならピザやパスタもあります。また、デザート類も洒落ているので、カフェ利用でもいい店です。ただ、高そうな雰囲気が災いしてか(実際、このあたりの店では予算がひとり1500円ぐらいと高いほうなので)、人があまりいないことも多いです。

ジョグジャカルタでオシャレなレストランを探すなら。グルメ通りのジャラン・ティルトディプラン(その3) ジョグジャカルタでオシャレなレストランを探すなら。グルメ通りのジャラン・ティルトディプラン(その3)

アートを感じるギャラリーカフェの「クダイ・クブン」

ジャラン・ティルトディプランの西の端近くにある「クダイ・クブン」は、隣にあるアートギャラリーと一体になった小洒落たカフェレストランです。お客も地元の若いアーティストやカップル、アート系の外国人など若者が多いですね。アート作品が飾られた1階席と、広々としたセミオープンの2階席があります。料理の量は多くはありませんが、見た目も良い“カフェめし”が食べられますよ。ココナッツソースを絡めたチキンの「オポール・アヤム」、インドネシア風チャーハンの「ナシ・ゴレン」などインドネシア料理が、日本円にしても300円ぐらい、パスタなら250円ぐらいで食べられます。ここもフルーツジュースなど、ドリンクの種類も多いのでカフェ利用でもよいです。

インドネシア料理にフレンチのテイストを加えた「クスマ」

さて、紹介が遅れましたが、私が一番のおすすめレストランは、実はこの通りではなくて、平行して走る1本南の裏道のジャラン・サルトノにあるのですが、歩いてすぐなのでここに入れました。夜しかオープンしていない小さな隠れ家的なレストランで「クスマ」といいます。6〜7グループしか入れないような小さな店ですが、いつもいっぱいなので、予約を入れていくか、オープンと同時に行くかしたほうがいいですね。古い民家を利用したこの店は、屋内と屋外の両方に席があります。フランス人シェフとその奥様が作る料理は、伝統的なインドネシア料理にモダンなアイデアを加えたもの。インドネシアでは屋台料理もおいしいのですが、こうして手間のかかった料理を食べるのもたまにはいいですね。高級店ではないですが、雰囲気はとてもよく、カップルに合いそう店です。前菜やデザートが付いたセットメニューが2000円ぐらい、アラカルトだと一品600円ぐらいなので、ひとり1500円から2000円ぐらいの予算をみればOKです。フランス人シェフの方が出て来て、料理について説明してくれるのもうれしいです。