「ジャワ更紗」の代表的な産地

ジャワ島を代表するバティックの産地をあげるとすれば、ジョグジャカルタ、ソロ、チルボンでしょう。3つとも「宮廷がある町」で、王宮文化の中で特徴あるバティックの柄が描かれるようになりました。なかでももっとも大きな王宮があるジョグジャカルタには、旧市街とその南側を中心に、今も多くのバティック工房やショップがあります。もともと身分や出身などによって決まった柄やモチーフがあったようですが、今ではとくにこだわりはないようです。大手のバティックショップだけでなく、ひとりでやっているような小さな工房もあり、頼めばたいてい見学もさせてもらえます。

ろうけつ染めの布地「バティック」を購入するなら。有名なジャワの各生産地の特色を知る ろうけつ染めの布地「バティック」を購入するなら。有名なジャワの各生産地の特色を知る

ジャワの古都ジョグジャカルタでバティック巡り

ジョグジャカルタで既製品のバティックを買うなら、市内の目抜き通りのマリオボロ通りへ行ってみましょう。国内各地にチェーン店がある、やや高級なバティックを扱う「バティック・クリス」や「ダナル・ハディ」といったショップから、地元の人の普段着的な製品を扱うブリンハルジョ市場まで、多くの店があります。王宮のある旧市街の南にあるティルトディプラン通りには、ツアーバスが止まるような大型バティックショップがいくつかあり、その合間に小さな工房を見つけることもできます。また、水の王宮周辺にも個人営業のバティックギャラリー&ショップもあり、思わぬ所でお気に入りが見つかるかもしれません。

シックな味わいがあるソロのバティック

ジョグジャカルタから東へ車で1時間にある古都ソロもまた王宮がある町で、かつては伝統的なバティック工房が数多くありました。しかし現在は工場でのプリントバティックに負けて、工房のほとんどが廃業に追い込まれたといいます。ソロの柄はどちらかといえばジョグジャカルタのものよりシックで落ちついたものが多く、伝統を大事にしている分、流行に乗り遅れたのが原因とか。しかし日本人から見れば、その伝統柄が実に渋くてかっこいいのですが。大手のバティックショップの「バティック・クリス」と「ダナル・ハディ」もソロが発祥の地で、「ダナル・ハディの家」では、併設の博物館で貴重なアンティークバティックを見学できるほか、平日なら裏側にあるバティック工場の見学もできます。

新しい柄が生み出される港町、チルボン

さて、先にあげた2都市とは、いささか変わったバティックを作っているのが、ジャワの北岸にある都市チルボンです。港町であるチルボンは古くから貿易が盛んで、同じ王宮がある町ですが海外(中国など)に向かって開かれており、昔から新しい柄を取り入れる伝統がありました。たとえば、ゾウやクジャクといった動物、オランダ人の兵隊などもバティックの柄として取り込まれて来たのです。現在もその気風が引き継がれ、他のバティックの産地が大量生産品に押されて低調なのに対して、人気の柄を次々と生み出しています。ジャカルタからも鉄道で3時間という距離なので、バティックショップが並ぶトゥルスミは、週末になると買い出し客でにぎわいます。一度足を運んでみてはいかがですか?