世界遺産「ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟(ホジャ・アフメッド・ヤサウイ廟)」の詳細情報

カザフスタンの世界遺産・名所ガイド

Mausoleum of Khoja Ahmed Yasawi

ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

名称:ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟(カザフスタン
英語名称:Mausoleum of Khoja Ahmed Yasawi
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2003年

イスラム教ヤサヴィー教団の教祖の廟

カザフスタン南部の街トゥルケスタンにある廟で、カザフスタンのユネスコ世界遺産第1号だ。ホージャ・アフマド・ヤサヴィーは、イスラム神秘主義の一派ヤサヴィー教団の教祖。彼の霊をまつる廟を、強大なイスラム王朝を築いたティムールが1389年から1405年にかけ壮麗な建築物にした。ヤサヴィー教団の本拠地であり現在も重要な巡礼地だ。モスクや図書館などを併設した複合建築で、聖廟は現存するティムール朝の建築物の中で最大級、かつ最も保存状態がよいとされている。美しいブルーのタイルで装飾された2つのドームからも当時の建築技術の高さを感じることができる。この技術はティムール朝の首都サマルカンドの建築物に受け継がれた。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


カザフスタンの世界遺産「ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟」についてご紹介します。ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。