世界遺産「タムガリの考古的景観にある岩絵群(タムガリ)」の詳細情報

カザフスタンの世界遺産・名所ガイド

Petroglyphs within the Archaeological Landscape of Tamgaly

タムガリの考古的景観にある岩絵群

名称:タムガリの考古的景観にある岩絵群(カザフスタン
英語名称:Petroglyphs within the Archaeological Landscape of Tamgaly
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2004年

5000点もの岩絵群がある渓谷

カザフスタン南東部のタムガリ峡谷を含むチュリ山岳地帯では、多様性、芸術性、数の多さで傑出した岩絵群を見ることができる。この地では、古くから遊牧民などさまざまな民族が行き交っており、紀元前14世紀頃から後20世紀初頭にかけ、それぞれ特徴を持った岩絵を残した。岩絵群の範囲はタムガリ山を含む900万uにもおよぶ。エリアは集落や埋葬地ごとに48のブロックに分かれており、石あるいは金属で彫られた岩絵が5,000点も残されている。これらは、動物や当時の人々の暮らしぶりを今に伝えるもので、中央アジアの遊牧民の社会組織、儀礼などの例証ともなっている。岩絵以外にも青銅器時代から現代に至る膨大な数の墳墓が残されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


カザフスタンの世界遺産「タムガリの考古的景観にある岩絵群」についてご紹介します。タムガリの考古的景観にある岩絵群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。