page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・済州島(チェジュ)・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

食べて感動!海の恵みと大自然の恵みいっぱいの「済州グルメ」を堪能してみませんか


掲載日:2008/01/25 テーマ:グルメ 行き先: 韓国 / 済州島(チェジュ)

タグ: おいしい グルメ レストラン 肉料理 名物


東洋のハワイには珍しくておいしいものがいっぱい!

朝食にぴったりの済州島名物の「あわび粥」。見た目の量は多く見えますが、ゴマ油で炒めたあわびの香ばしい香りが食欲をそそります。この味に俳優のぺ・ヨンジュンも大満足、何度も足を運んだようです 朝食にぴったりの済州島名物の「あわび粥」。見た目の量は多く見えますが、ゴマ油で炒めたあわびの香ばしい香りが食欲をそそります。この味に俳優のぺ・ヨンジュンも大満足、何度も足を運んだようです

韓国の人たちは済州(チェジュ)島のことを“東洋のハワイ”と呼んでいます。そんな済州島には韓国本土にも負けない独自の済州グルメがたくさんあり、そのどれもがソウルなどの都会よりも安く食べられるのが魅力です。そんな済州グルメでまず紹介したいのが、あわびです。四方を海に囲まれているだけの恩恵があり、刺身のほか、バター焼など素材の持ち味を生かした料理が日本や韓国本土よりはとても安くいただくことができます。が、いちばん食べて欲しいのはチョンボッチュクと呼ばれる「あわび粥」です。

ドラマ撮影中のヨン様も好んで食べていたそうです

あわび粥は1万ウォン前後で食べることができます。スライスされ、ゴマ油で炒られたあわびの身もたくさん入って気分もお腹も大満足です あわび粥は1万ウォン前後で食べることができます。スライスされ、ゴマ油で炒られたあわびの身もたくさん入って気分もお腹も大満足です

あわび料理の中でもいちばんポピュラーな料理ですが、韓国らしくゴマ油で炒めて粥に入れられる、あわびの身はとても香ばしく、朝の活力としても、酔い覚ましとしてもぴったりの一品です。店によっては、あわびの肝(内臓)を入れる所もあり、うすく緑がかった粥もありますが、これがまた美味なのです。いずれにしても、栄養的にも申し分ないほどミネラルもたっぷりですので、食欲のないときにもおすすめします。あわび粥はだいたい1万ウォン(約1180円)が相場ですが、ドラマ「太王四神記」で済州島に滞在していたぺ・ヨンジュンさんも好んで食べていたと聞いています。

スプーンが入らないほど具たくさんです

新鮮な魚介類と野菜がたっぷり入った「へムルトゥッぺギ」。飲んだ後のシメにもぴったりです 新鮮な魚介類と野菜がたっぷり入った「へムルトゥッぺギ」。飲んだ後のシメにもぴったりです

海産物といえば昔から地元の人が食べてきた「へムルタン(海鮮スープ)」もはずせません。ソウル市内でへムルタンというと大人数でつつく鍋がイメージされますが、済州島ではトゥッぺギと呼ばれる小さなひとり用の土器で出してくれる店がたくさんあります。これをへムルトゥッぺギといい、鍋の中にはエビ、イカを始めとする新鮮な魚介類がたくさん入っているのですが、その量が半端ではありません。スープを飲もうとしても具が多すぎてスプーンが入っていかないのです。これも島国ならではの贅沢な一品です。

済州島の黒豚は韓国の最高ブランド肉です

済州島の黒豚はぜひ皮付きのまま食べてみてください。リアルな毛穴もご愛嬌ですが、栄養もうまさも折り紙付きで、女性に嬉しいコラーゲンもたっぷりです 済州島の黒豚はぜひ皮付きのまま食べてみてください。リアルな毛穴もご愛嬌ですが、栄養もうまさも折り紙付きで、女性に嬉しいコラーゲンもたっぷりです

さて、済州島といえば、はずせないのがブランドにもなっている「済州黒豚」です。済州島で育った黒豚の“豚焼肉”これをはずすわけには行きません。肉質がとても柔らかく口に含んだ瞬間、ジューシーな油がにじみ出てきますが、これがしつこくないのです。ソウルで食べる豚焼肉とは違い、皮がついたままで出てくる店がほとんどですが、皮が苦手な方は店に頼むと皮のない物も準備してくれます。しかし、それはもったいないです! 皮にはコラーゲンもいっぱいで皮と身の間に抱いているうまみを含んだ油も絶品です。ここはぜひ皮付きのまま食べてみてください。

済州グルメの新顔は「馬の肉」料理です

韓国で有名な新聞でも済州島の馬肉料理について大きく紹介されました。ウェルビンと呼ばれる健康的に美しくなろうとする韓国人の間でも「ウェルビン食品」として話題!ご主人が手に持っているのは「馬肉ユッケ」 韓国で有名な新聞でも済州島の馬肉料理について大きく紹介されました。ウェルビンと呼ばれる健康的に美しくなろうとする韓国人の間でも「ウェルビン食品」として話題!ご主人が手に持っているのは「馬肉ユッケ」

最後に変り種も紹介したいと思います。最近、注目されているのが済州島の大自然で育った済州馬の馬肉料理です。日本でもあまり食べる機会のない「馬肉のプルコギ」や「馬肉ユッケ」は、ウェルビン料理として健康に敏感な韓国人たちの間でも新顔の済州グルメとして大人気です。おまけに韓国本土で食べられる店はまだないとなれば話題にならないわけはありません。馬肉プルコギで約2万5千ウォン(約2950円)〜3万ウォン(3540円)と少々高めですが、とても美味で、低脂肪、高タンパク質の健康食として話題になるのが分かる気がします。ぜひ、お試しを!

<店情報(写真撮影店舗)>
・ぺ・ヨンジュンも訪れた「あわび粥専門店」
■ファジンチョンボク
064-712-2580
※グランドホテル斜め前、新羅免税店並び。朝8:00〜営業。ヨン様が食べた、あわび粥、あわびのバター焼などがセットになったヨン様セットもあります(2008年1月現在)

・済州島でも珍しい馬肉料理が食べられる店
■シンラウォン(新羅園)
064-739-7920
※西帰浦市中文リゾート内。ロッテホテルからも徒歩10分ほどです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索