春川(チュンチョン)旅行・春川(チュンチョン)観光徹底ガイド

春川(チュンチョン)旅行・春川(チュンチョン)観光徹底ガイド

春川(チュンチョン)旅行・観光の見どころ・観光情報

春川はソウルから列車で約1時間強の韓国北部にある都市。一帯には山々がそびえ、春川湖、衣岩湖、昭陽湖などの湖が点在する自然豊かな地域だ。「冬のソナタ」のロケ地、北漢江に浮かぶ南怡島があることで有名で、ドラマに登場した風景を見に訪れる人も多い。また、9度曲がりくねって流れることから九谷滝と呼ばれる高さ30mの滝や、五峰山の麓にある高麗時代創建の清平寺などもおすすめの観光地だ。食事にはタッカルビとマッククスを味わいたい。タッカルビは鶏肉と野菜、トッポキなどを辛いタレで炒めた料理で、マッククスはそば粉の冷麺のこと。春川の2大名物料理とされていて、「春川明洞タッカルビ通り」にこれらを出すレストランが集まっている。(2016年9月編集部調べ)

春川(チュンチョン)へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/30現在) フライト時間 現地との時差
韓国語 KRW 1 KRW = 0.0992 JPY 約2.5時間 約0時間

春川(チュンチョン)の人気問合せ情報

春川(チュンチョン)の最安値カレンダー

春川(チュンチョン)旅行・観光の選び方

ロケ地めぐりならソウルからの日帰りツアー利用が便利

春川を訪れる日本からのツアーは、ツアー期間3〜4日程度のものが一般的。ソウルから入って春川を訪れ、南怡島に渡りメタセコイヤの並木道などを見学する。ただし、春川が含まれる日本からのツアーはあまり多くない。また、ソウルから近い場所にある春川は、フリープランのソウル1都市ツアーなどに参加して、ソウルから個人で日帰りすることも問題なくできる。さらにはソウルからの日帰り現地ツアーに参加すれば、アクセスを調べる必要もなく効率よく観光可能。ツアーの食事には名物料理のタッカルビが付くこともあるのがうれしい。韓流ドラマロケ地めぐりがテーマのツアーもあり、ドラマを見ていないとピンとこないような見どころも訪れるので、ツアーを選ぶ際には訪問地を確認すること。(2016年9月編集部調べ)


春川(チュンチョン)のグルメ・伝統料理

春川を訪れるからには外せない二大グルメといえばタッカルビとマックッス。タッカルビはコチュジャン(唐辛子味噌)などで味付けした鶏肉(タッ)のぶつ切りを野菜と一緒に鉄板で辛く炒めた食事で、春川が本場とされている。ソウルでも食べられるが、春川のタッカルビはボリューム満点でリーズナブルとあって、ソウルから食べに訪れる人も多い。マックッスは蕎麦粉で作った冷麺で、江原道の郷土料理。麺は日本の蕎麦の風味に似ている。タッカルビのサイドメニューの定番でもある。(2015年編集部調べ)

春川(チュンチョン)のショッピング情報

ドラマ『冬のソナタ』のロケ地として一躍脚光を浴びた春川(チュンチョン)だが、韓流グッズ以外の特産といえば松の実ぐらい。ソウルから約1時間で行けることもあり、あえてここで買うべきものは見つけにくい。春川(チュンチョン)一の繁華街である春川明洞通りも、ソウルとさほど違いは感じられない。ただし、明洞通りとつながっている春川中央市場は歩いてみる価値あり。300軒ほどの店舗が集まる生活感たっぷりの在来市場で、ソウルより若干物価が安い。屋台でトッポッキなどを買い食いするのも楽しい。(2015年編集部調べ)

春川(チュンチョン)の気温・降水量ベストシーズン情報

7〜8月は猛暑、12月〜3月は酷寒。春や秋がベストシーズンだ。日本と同じ服装で構わないが、冬は氷点下まで下がることがあるので注意。梅雨の時期は天気が崩れがちなので避けたい。(2015年編集部調べ)

春川(チュンチョン)の人気ツアー

春川(チュンチョン)旅行・春川(チュンチョン)観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 8.91〜10.25万円)
  • 1|
人気度

合算燃 8.91
10.03

旅行代金: 8.91〜 10.03

燃油燃:旅行代金に含まれています

3日間

成田発

ホテル:
ベストウェスタン・ニューソウル
航空会社:
大韓航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: CANツアー

人気度

合算燃 9.13
10.25

旅行代金: 9.13〜 10.25

燃油燃:旅行代金に含まれています

3日間

成田発

ホテル:
セジョン・ホテル
航空会社:
大韓航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: CANツアー

2件ヒットしました (1旅行会社 8.91〜10.25万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top