世界遺産「慶州(キョンジュ)の歴史地区(慶州の歴史地区)」の詳細情報

韓国の世界遺産・名所ガイド

Gyeongju Historic Areas

慶州(キョンジュ)の歴史地区

名称:慶州(キョンジュ)の歴史地区(韓国
英語名称:Gyeongju Historic Areas
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000年

新羅時代に遡る陵墓や王宮などの建築物

建国神話に登場する初代王・朴赫居世の治世から後935年まで、千年王朝として朝鮮半島を統一した新羅。その間唯一の都・金城として栄えた慶州には、今も新羅の栄枯盛衰を物語る王侯貴族の古墳が200ほど残されている。慶州は仏教の聖地である南山地区、新羅の王宮があった月城地区、王族の古墳群がある大陵苑地区、新羅最大寺院の皇龍寺の跡地がある皇龍寺地区、首都防衛の東の拠点・明活山城がある山城地区の5つから成る。その史跡の多さから、「屋根のない博物館」と呼ばれる世界遺産の街だ。無論、博物館といっても入場料は無料。ゆっくりと時間をかけ、心置きなく数々の史跡散策を楽しめる。まさに史跡マニア垂涎の世界遺産である。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!韓国の世界遺産最新情報

2008/11/07 世界遺産

新羅全盛時代の最高傑作、慶州・仏国寺(プルグッサ)に心を洗いに行こう!

韓国旅行イメージ-ユネスコ世界遺産に登録されている慶州(キョンジュ)・仏国寺(プルグッサ)は、韓国人でも1度は訪れたい場所のひとつです。修学旅行の定番として多くの学生たちも訪れています ユネスコ世界遺産に登録されている慶州(キョンジュ)・仏国寺(プルグッサ)は、韓国人でも1度は訪れたい場所のひとつです。修学旅行の定番として多くの学生たちも訪れています

日本の修学旅行といえば京都ですが、韓国の修学旅行といえば、何と言おうと慶州(キョンジュ)が定番の地となっています。日本ではよく「ケイシュウ」と呼ばれている慶州(キョンジュ)は、「屋根のない博物館」と言われその名のとおり、街のいたるところに重要かつ貴重な文化遺産を見ることができます。ソウルなどに住む韓国人も行ってみたい地方都市のひとつとして挙げられ、ソウルから高速バスで約4時間半、釜山からだと約1時間で行くことができます。また、ソウルからは高速鉄道KTXを使えば、東大邱(トンテグ)乗り換えで日帰りもできちゃいます。続きを見る


韓国の世界遺産ガイド記事

韓国の記事一覧を見る


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


韓国の世界遺産「慶州(キョンジュ)の歴史地区」についてご紹介します。慶州(キョンジュ)の歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。