テレビの舞台【エアシティ】――韓国・仁川国際空港

韓国・仁川・テレビのあの場所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

テレビの舞台【エアシティ】――韓国・仁川国際空港

掲載日:2008/09/01 テーマ:テレビのあの場所 行き先: 韓国 / 仁川 ライター:大塚ばつ丸

タグ: ロケ地



ABガイド:大塚ばつ丸

【映画のあの場所のABガイド】 大塚ばつ丸
全ガイドを見る
大阪在住。欧米旅行も可能な日数が取れる夏休み、冬休みなどの時期は別として、一日の有給休暇を取るだけで行ける場所として回数を重ねるようになったのが韓国。趣味の旅行、映画、写真が結びついて、ロケ地を訪ねるホームページ「ばつ丸のロケ地を旅する」を始める。

仁川国際空港 仁川国際空港

実際の空港を使った航空ドラマの舞台

韓国MBCが制作して、07年に放送された「エアシティ」は主演のイ・ジョンジェが9年ぶり、チェ・ジウが3年ぶりにテレビドラマに出演したことで話題を呼んだ。さらに、企画にかけた年数が2年、制作費が数億円と映画並みであり、パイロットと乗務員が主人公だったこれまでの航空ドラマとは違い、仁川国際空港に勤務するnis(国家情報部)の部員と空港運営会社職員の物語であることも注目された。
ストーリーはふたりの主人公が空港を舞台に起こる事件にあるときは対立、あるときは協力しながら対処しているうちにロマンスが生まれるというもの。
当然ながら舞台となるのは開港してから今年で満7年を迎えた仁川国際空港。もともと空港の撮影は何かと制約が多いことで知られている。あのスピルバーグ監督でさえも「ターミナル」を撮るにあたっては実際の空港を使っての撮影を断念し、巨大なセットを建設して映画を作り上げた。ましてや、韓国は北朝鮮と休戦中という準戦時下にあり、おまけに主人公のひとりは情報部員という設定。ドラマの撮影には困難な条件が揃いすぎている。

 

空港循環シャトル・バス 空港循環シャトル・バス

空港シャトルバスで空港職員の日常生活を体験

まず、登場人物たち空港職員が利用する場面もよく出てくる空港シャトルバス。3階の2カ所に停まり、カーゴ・ターミナルなど空港付近の主要施設をまわった後、もとの場所に戻って来る。一般客の利用もOKで、もちろん無料。搭乗までの時間に余裕があれば、これに乗って近くの大型ディスカウント・ストア、Eマートで買い物したり、観光客は行かない普通の店で食事をすることもできる。

 

空港4階のカフェ・レストラン 空港4階のカフェ・レストラン

空港の喧騒の中のオアシス

搭乗までの時間があるときと言えば、情報部員の元カノで今は空港病院の勤務医として働いている女性が友人とお茶を飲む場面に出てくるカフェへ行くと、空港の喧騒の中とは思えない優雅なひと時が過ごせる。このカフェ・レストランは出発ロビーからエスカレーターでさらに上がった4階にあり、高級ホテルが運営している。

 

スター・ガーデン スター・ガーデン

昨年、空港鉄道A’REXが開業した。将来は仁川国際空港とソウル駅を結ぶ予定で、そうなればソウル市内ヘ電車だけで行くこともできる。
この空港駅は「スタートレック」の母艦エンタープライズのような外観をした建物の真下にある。まだ利用者も少なく、広々とした感じのある駅には「スター・ガーデン」と呼ばれる緑と水の憩いのコーナーが作られている。ここはドラマでは子供のときに姉、チェ・ジウと離れ離れになり、今はパイロットとして空港に出入りする妹が再会し、話しながら歩く場面に使われている。

このドラマを見れば、韓国への行き帰り・乗り継ぎなどで仁川国際空港を利用するとき、ちょっと違ったところに目が行くかもしれない。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/01)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事