page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

慶州、韓国仏教美術の傑作「石窟庵」。山奥の世界遺産へ行ってみよう(前編)


掲載日:2018/10/26 テーマ:世界遺産 行き先: 韓国 / 慶州(キョンジュ)

タグ: 寺院 世界遺産


アクセスの不便さを乗り越えて、いざ石窟庵へ

石窟庵。ここから先は撮影禁止 石窟庵。ここから先は撮影禁止

慶州にある世界遺産「石窟庵(ソックラム)」は、韓国が誇る仏教美術の最高峰。同じく世界遺産の「仏国寺(プルグッサ)」までは訪れる人が多いのですが、石窟庵は仏国寺からさらに4キロほど山奥に入るため、観光客の数もぐっと減ります。けれども、この二つは両方とも同じ人が建立したのです。金大城(キム・デソン)という時の宰相が、前世の両親のために石窟庵を、現世の両親のために仏国寺を建てたといわれています。ということは、金大城の夢見た山奥の仏教世界を体験するには、両方セットで訪れるのが正解ですよね!

登り始めは楽勝に思えますが、徐々にハードに

仏国寺正門を出るとすぐに始まる登山道 仏国寺正門を出るとすぐに始まる登山道

そう思った私は、仏国寺を参拝したあと、その足で石窟庵へ向かってみました。ところがこれが予想外に大変でした……。仏国寺を出てから山道を3キロほど歩くのですが、思ったよりもハードな登山道で、休み休み歩いても相当に疲れてしまいました。私は片道1時間かかりましたが、もっとかかる人もいるようです。仏国寺の駐車場から1時間に1本(毎時40分に出発)、石窟庵入り口までバスが出ていますから、足に自信のない人にはバスをおすすめします。

バスにするか徒歩にするか? 旅程や体調と相談しましょう

松林の間から、鐘楼が見えてきました。もう少し! 松林の間から、鐘楼が見えてきました。もう少し!

バスなら20分で石窟庵入り口に到着します。ちなみに、バスを降りてからも石窟庵まで1キロほど歩きます。つまり徒歩コースなら片道全部で4キロ歩くことになります。徒歩は疲れますが、バスでは通れない本格的な山道の風景を楽しむことができます。また、韓国人旅行者や登山客に混じって山を登るという珍しい体験もできます。まあ、そんなことはすべて後付けで、その場では口もきけないほどクタクタに疲れてしまったのですが。必ず歩きやすい靴を履き、水を持参しましょう。たった4キロだからと侮ってはいけません。やがて、松林の上に美しい大鐘閣(鐘楼)が見えてきて、石窟庵入り口の駐車場に到着します。

一柱門で「やりきった気分」になるのは、まだ早いのです!

展望台にもなっている、鐘楼前の駐車場 展望台にもなっている、鐘楼前の駐車場

入り口には一柱門(正門)がそびえています。視界のひらけるこの場所へ出ると、「ついに来た!」と幸せいっぱいになりますが、ここから1キロの参道が、登山に疲れた身にはじわじわこたえるんです。一方、バスで来た人には、のんびりと緑のトンネルを抜けて行く、気分のいい散歩になることでしょう。参道を1キロ歩くと、ちょっとした広場になっているところに出ます。ここからが境内です。広場に立ち、山の斜面を見上げると、瓦屋根の建物と、その奥にこんもりと土が盛られた石窟が見えていますよ。あそこが目的地です! (後編に続く)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/26)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索