page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・釜山(プサン)・映画のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

映画の舞台【友へ チング】――彼らの姿を追って釜山へ旅に出よう!


掲載日:2008/08/06 テーマ:映画のあの場所 行き先: 韓国 / 釜山(プサン)

タグ: ロケ地 映画 市場


当時の観客動員記録を塗り替えた大ヒット作!

釜山タワーから見た釜山港 釜山タワーから見た釜山港

2001年に作られたこの映画は当時の観客動員記録を塗り替える大ヒットになった。また、いわゆる韓流四天王のひとりチャン・ドンゴンがルックスだけでなく演技で評価されることにもなった映画で、彼はアラン・ドロンから多くのことを学んだと言っている。
プサンで育ったおさななじみ4人のうち、チャン・ドンゴンとユ・オソンはそれぞれ対立する暴力団の構成員となり、お互いを避けて通れない道を歩むことになる。

釜山のランドマーク、プサンタワー

舞台は韓国第二の都市プサン。4人がいつもいっしょに行動していた高校時代の描写の中で釜山のさまざまな姿を見ることができる。
そのひとつがプサンタワー。夜景を眺めながら4人が話すシーンで使われている。世界のどの大都市にもランドマークになる高いビルやタワーがあり、プサンの場合は龍頭山公園にあるプサンタワーがこれにあたる。小さな山の上にある龍頭山公園にはメインストリートの光複路からエスカレーターで移動することができ、さらにエレベーターで地上120mのタワーに昇れば、四方にプサンの街を見下ろすことができる

昔の雰囲気がただよう映画館、三一劇場

三一劇場 三一劇場

次に、他校の生徒たちとトラブルが起きて、それが大乱闘に発展し、4人組の退学につながる場所は三一劇場という名前の映画館。かつては映画に描かれているように「ベン・ハー」などの大作を上映していたが、シネコン化の流れの中で二番館、さらにはアダルト専門館となり、ついに映画「三叉路劇場」の撮影地になったのを花道に閉館してしまった。この映画館はその古い雰囲気を生かして、ドラマ「オールイン」では少年時代の主人公達が溜まり場にしていた劇場として使われている。

学生服姿のチングが駆け抜けるチャガルチ市場

国際市場 国際市場

プサンにはチャガルチ市場、国際市場というふたつの大きな市場があり、学生服姿の4人がカバンをかかえて疾走する場面が撮影されている。朝鮮戦争のときに始まったといわれるチャガルチ市場の露店はつい最近、新しく建てられた近代的なビルの中に収容されたものの、港町プサンらしく魚介類を扱う店がもとのまま並んでいて、生ダコをその場で料理してくれるところもある

国際ホテルのナイトクラブ

国際ホテルのナイトクラブ 国際ホテルのナイトクラブ

そして、運命のままに違う道を歩み、対立する暴力団の組長となったユ・オソンがチャン・ドンゴンを呼び出し、ほとぼりが冷めるまでハワイに身を隠せという助言をする。しかし、この提案をチャン・ドンゴンは断り、ホテルのナイトクラブを出たところで組員達に襲われ、命を落とす。このホテルは国際ホテル、その中にあるナイトクラブもそのまま映画に登場している。

韓国第二の都市としてよく日本の大阪にたとえられるプサンだが、ソウルとの差は東京−大阪よりはるかに大きい。しかしアジア大会、APECなどの開催を通じて近代化が進みつつあるプサンは日本に一番近い外国の都市。その活気を感じるだけでも旅する価値がある。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索