page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ソウルグルメガイド

ソウルのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

日本でもおなじみの焼肉やビビンバ、チゲ料理はもちろんだが、ソウルの郷土料理で欠かせないのはソルロンタン。牛骨をじっくり煮込んだ乳白色のあっさりとしたスープを浅漬けのキムチやカクテギと食す、ランチの定番メニューだ。テーブルいっぱいにおかずが並ぶ韓定食や、サンチュで巻いて食べる鮮魚の活き造りもおすすめ。外食文化が発達しているため、レストランや食堂は多く、食事に困ることはない。(2015年編集部調べ)


ソウルのレストラン・屋台

ソウルでは人が集まる場所には必ずといっていいほど、屋台が出ており、おでんやトッポギなどの軽食から、刺身とお酒を出す飲み屋のようなものまでその種類はさまざま。広蔵市場の屋台街が有名だ。韓国料理を出す店は庶民的なところが多く、食堂なら一食6000ウォン(500〜600円)でメイン料理と汁物、おかず5品がつき大変お得。焼肉では豚肉のほうが一般的に多く食べられており、値段も安い。食事をするなら、メニューが豊富なレストランよりも、ひとつの料理の専門店のほうが安くて味もいい。

ソウルの水・お酒

ソウルの水道水は衛生上問題はないが、飲用は避けたほうがよい。ミネラルウォーターはコンビニなどで購入できる。食堂や屋台の水は浄水器を通しているので、安心して飲める。韓国では食事の文化と同じく、飲酒の文化も発達しており、アルコール類を扱っていないレストランやコンビニはない。それぞれの食事に合うとされる酒があり、チゲなどの汁物や焼肉には韓国焼酎(ソジュ)、チヂミや揚げ物にはマッコリ、チキンにはビール(メクチュ)などが主な例として挙げられる。ぜひ、地元の人と同じものを注文してみたい。


現地ガイド発!ソウルのグルメ・料理最新情報

2020/08/29 グルメ

海外旅行韓国編2020/日本の家庭で簡単に楽しめる夏にぴったりな韓国料理

ソウル旅行イメージ-韓国の食堂では、夏になると葉野菜がおまけでついてくるので、サムパブにして食べられる 韓国の食堂では、夏になると葉野菜がおまけでついてくるので、サムパブにして食べられる

蒸し蒸し暑くなってくると、平日発平日帰りのお得なチケットを買って,ソウルに行きたくなります。伝統サウナの汗蒸幕に入って、夏の韓国料理を食べて、さっと帰ってきたい。関空からソウル、特に金浦空港行きなら、片道2時間弱と本当に近いのです。さて夏の韓国料理と言えば、サムゲタン、コングクスです。日本人が大好きなサムゲタンは、頭と足を取った鶏のおなかにもち米、朝鮮人参、栗、なつめなどを詰めて、スープで煮込んだもの。冬の料理のようですが、韓国では「三伏」と呼ばれる土用の丑の日にあたる日に食べます。コングクスは、冷たい豆乳麺。どちらも大好きなのですが、私が夏になると、無性に食べたくなる韓国料理は、なんといって…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ソウルグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるソウルの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ソウルのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!