page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

邪道と言うなかれ、韓国は空前のワインブーム


掲載日:2007/06/19 テーマ:お酒・バー 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: セレブ バー・パブ ワイン 新しい 地酒


日本の漫画が起こしたムーブメント

三清洞の街になじむ韓屋造りのワインダイニングバー 三清洞の街になじむ韓屋造りのワインダイニングバー

韓国ではウイスキーやワインなど輸入されるお酒にかかる税率がとても高い国で、関税率は15%〜20%が標準とされ、高級品として扱われて来ました。しかし、ここ最近では、その事情も大きく変わってきました。きっかけは日本でもヒットした漫画「神の雫」の韓国語版が発売されたことです。「神の雫」とはワインの極意を極めて行くソムリエの話で、ワイン文化が根付いていない韓国で、どのように受け入れられるのか興味半分で見守っていたのですが、意に反し、60万部の大ヒットを受け、韓国の酒事情を変えてしまうような自体になってしまいました。

肉に焼酎は古い?

まだワイン文化が根付いて浅い韓国では赤ワインが主流 まだワイン文化が根付いて浅い韓国では赤ワインが主流

「神の雫」のヒットに伴い、漫画でワインのウンチクを学ぶ人も増え、高級飲食店やホテルのバーなど、一部でしか需要がなかったソムリエの資格も瞬く間に広まり、空前のワインブームを迎えています。アッという間にワインバーやワインを置く店も続々登場し、焼肉店や刺身店でもワイングラスで杯を交わす姿を見かけるほどです。ジュージューと焼けるサムギョップサル(豚の三枚肉)にワイン。以前はありえない光景でしたが、こういう店がどんどん増えています。

韓国家屋で嗜むワインがおすすめ

韓国の酒文化と言えば、何と言っても焼酎や米から造った白いお酒のマッコリです。焼酎は小さなコップでグッと喉に流し込み、マッコリは、安い上に口当たりの軽さが魅力でした。そんな酒文化に入り込んで来たワインブーム。ここはブームに乗り、ワインで杯も悪くありません。仁寺洞と並び韓国の伝統が息づく三清洞では、木造りの雰囲気をそのまま残した韓屋造りのワインダイニングバーもあり、韓国らしさを肌に感じながらワインを嗜むことができます。

韓国産ワインも続々登場

フランス、チリなど世界のワインに加えて、済州島産のミカンや韓国国内で採れたブドウを使った国産のワインもあるので、気分に合わせてチョイスしてみてください。韓国では値段を聞いて注文することは、全く恥ずかしいことではありません。ボトルで注文する場合には価格を確認して注文をすることをおすすめします。目安はフルボトルで韓国産3万ウォン(約4000円)〜。外国産3万5000ウォン(約4700円)〜です。


■ロマネコンティ
住所:ソウル市鍾路区三清洞62-6
電話:02-722-1633
URL:http://beansbins.com/
営業時間:12:00~翌1:00
定休日:年中無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/06/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索