page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ソウル市内ぐるり一周!便利で楽しいシティーツアーバス


掲載日:2007/07/06 テーマ:観光地・名所 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: お得


観光客のための嬉しいバスで、ビギナーからリピーターまで気軽に利用できます 観光客のための嬉しいバスで、ビギナーからリピーターまで気軽に利用できます

限られた旅行日数で、あれも買いたい、これもやりたい、ここにも行かなくちゃ!とスケジュールをびっしり書き込むのも楽しい旅の儀式です。特にビギナーは、観光地も行ってみたいけど…。とガイドブックとのにらめっこはよくある光景。とは言え、いつまでも本や情報誌を眺めてばかりでは時間がもったいないので、ここはソウル市内をグルリと1周してくれる循環バス「ソウルシティーツアーバス」を利用しちゃいましょう。

ソウルシティーツアーバス(以下、シティーバス)は、観光客のためにソウル市内の見どころを巡回してくれるありがたいバスです。巡回コースを抜粋すると、ソウル駅、南山(タワー下)、東大門、明洞、仁寺洞などお約束の観光地を走るだけなく、景福宮、昌徳宮など歴史を肌で感じることができる古宮を巡回するコースもあります。車内では観光ガイドも同乗しますので(必ず日本語とは限りませんが)見どころも逃さずチェクできます。また、ガイドと併せて座席には語源セレクトが可能なイヤホンもあるので、英語のガイドのときでも言葉に不便を感じさせません。

1日乗り、降り放題で1万ウォン/約1340円(高校生以下8000ウォン/約1070円)で、チケットは、直接バスの中でも販売しているので気軽に利用できます。1日乗り放題のチケットを購入するとその日の最終便まで、自由に乗り降りが可能なので、かしこい使い方をすれば、タクシーや地下鉄を利用するよりも便利で快適です。また、観光に特化したバスなので、通常では進入禁止の場所まで通行が可能で(大統領官邸周辺や南山タワー下など)観光客に嬉しいバスです。とにかく時間がない!と言う人は、始発から終点(もとの場所に戻ります)まで乗りっぱなしで車窓からの「ソウル早回り観光」もおすすめです。

通常のバスは青いボディーですが、この黄色いバスは… 通常のバスは青いボディーですが、この黄色いバスは…

シティーツアーバスは巡回バスなので、希望の場所で降りたらバスはすぐに行ってしまいます。が、19時に光化門を発車する最終バスの間、約30分毎にバスが来ますので、慌てないで自分ペースで観光やショッピングをしてください。簡単に言いますと、シティーバス停留所に停車するバスだったらどのバスに乗っても大丈夫ということです。(チケット紛失には注意)また、チケットを見せるだけで、観光地の入場料が割引になる場所も多いのでホームページでチェックしてみてください。
http://www.seoulcitytourbus.com

ジェハが!ヒョジュが!フィリップやソヨンまでもがプリントされた「春のワルツ」バス ジェハが!ヒョジュが!フィリップやソヨンまでもがプリントされた「春のワルツ」バス

そんなシティーバスにワクワクするようなバスが加わりました。ジェハが!ヒョジュが!フィリップやソヨンまでもがプリントされた「春のワルツ」バスです!これには、ちょっと興奮!実はこのバスはソウル市内に新しく出来た韓流体験館「フォーシーズン」のプロモーションのためのバスで期間限定ですが、これは乗らずにはいられません!青いバスと平衡して運行されていますが、運良く遭遇すればバスの中では「韓国ドラマロケ地MAP」も配布されているのでゲットしてみてください。
<注意!>
ソウルシティーツアーバスのついての詳しいルートや最新情報は必ずここでチェックして利用ください。
http://www.visitseoul.net/japanese_new

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/07/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索