page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・映画のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ソウル・記者村――2007年内に姿を消す「ロケ地の宝庫」


掲載日:2007/09/14 テーマ:映画のあの場所 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: CM ロケ地 一度は行きたい 映画


記者村(キチャチョン)

「オンリー・ユー」に登場する家 「オンリー・ユー」に登場する家

韓国ソウル市内に「記者村」と呼ばれる一角がある。記者村(キチャチョン)というのはソウル市の北部、恩平区にある住宅街の通称で、1960年代の終わり頃、住宅事情の悪かった新聞記者のために当時の朴大統領が家を建てたことからその名が付いた。

街の変化

ハ・ジウォンの下宿 ハ・ジウォンの下宿

記者村の古く落ち着いた雰囲気を求めて多くの映画、ドラマの撮影隊が訪れ、ここはロケ地の宝庫となった。しかし、人口の一極集中化が激しく、住宅需要が大きいソウルでは、記者村のある地下鉄3号線クパバル駅エリアに大規模な高層マンション群からなる「ウンピョン・ニュータウン」が建設されることになり、すでに駅の周辺は店や家が全て取り壊されて更地になっている。その工事はまだ記者村にまでは及んでいないものの、もう住人が転出してしまった空き家も目立ち、門や塀には撤去作業に向けての整理番号が書かれている。

記者村で生まれた作品

コ・ソヨンの実家 コ・ソヨンの実家

この記者村でどんな映画やドラマが撮影されているのだろうか。たとえば映画「ふたつの恋と砂時計」で駆け出し放送作家のヒロイン、ハ・ジウォンが下宿する家があり、そのとなりはテレビ・ドラマ「オンリー・ユー」に登場した自然石で作られた塀が印象的な家。そして映画「青春漫画」でクォン・サンウの実家として使われた家、そして義足になった彼が恋人の家へ心もとない足どりで歩いていくシーンもここで撮影された。またコリアン・ビューティの代表とされる女優コ・ソヨンの最も新しい映画「お姉さんが行く」(日本未公開)ではヒロインの実家という設定で写る大きな家も記者村の中にある。

数々の撮影地に

クォン・サンウの家 クォン・サンウの家

一度記者村を訪ねてみると、映画のほかにもCMやポスターの撮影地としてよく使われているのに気づく。ニュータウン計画が発表され、記者村の取り壊しが決まってからはこの風景を惜しむ声が高まり、記者村のたたずまいを記録しておこうというアマチュア・カメラマンの姿もよく見られるようになった。

失われてしまう前に、ぜひ行こう!

キチャチョン教会 キチャチョン教会

記者村のランドマーク、キチャチョン教会の奥に広がる住宅街の取り壊しは年内に完了するものと思われる。
古いながらも都会の洗練された雰囲気を合わせ持つ記者村は、2007年いっぱいでもう姿を消してしまう。その前にぜひ、訪れてほしい。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索