page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・テレビのあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ドラマの舞台【宮廷女官チャングムの誓い】 ――大長今テーマパークの魅力


掲載日:2007/10/11 テーマ:テレビのあの場所 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: お土産 テーマパーク ロケ地 映画


人気ドラマのセットが、一般公開中!

王宮の建物 王宮の建物

「冬のソナタ」で始まったテレビドラマの韓流ブーム。日本で放送されたドラマの大部分は現代ものだったが、韓国のMBCが制作して人気を博した「宮廷女官チャングムの誓い」(原題:大長今)は16世紀を舞台にした時代劇。各地の民俗村にある古い家屋が使われた場面もあるものの、ほとんどのシーンが撮影されたのはこのドラマのために作られた大規模なオープンセットだった。ソウルの北、ヤンジュ市にあるそのセットは撮影後「大長今テーマパーク」として一般公開され、国内の人はもちろん、日本、台湾などアジア各国からの観光客でにぎわっている。

どの場面かすぐ分かる、親切カラーパネル

イ・ヨンエの手形 イ・ヨンエの手形

ソウル市内から地下鉄1号線のソヨサン(逍遥山)行きに乗リ、向かうのはジュネ(州内)。ここからタクシーで約10分の「大長今テーマパーク」へ向かう。入場券売り場から中へ向うと、まず出演者の手形が飾られている。主演のイ・ヨンエを始めとしてチ・ジニ、王様役のイム・ホ、幼いチャングムを演じた子役や番組のディレクターの手形まである。
そして正門をくぐれば、そこはもうタイムスリップしたようなチャングムの世界。それぞれの場所がドラマでどのように写っていたかを示すカラーパネルがあるので大変わかりやすく「あぁ、ここが…」という声が良く聞こえて来る。済州島など韓国各地にある民俗村では「チャングムの撮影地」とあるだけで、そこがどのような場面で使われたのかを示す写真は付いておらず、チャングム・パークのこの配慮はありがたい。

貸し衣装を楽しもう!

衣装を着て記念写真を撮る観光客たち 衣装を着て記念写真を撮る観光客たち

途中の司餐院という場所には、医女、尚宮、王様など各種の衣装やカツラが用意してあり、司餐院の中でさえあれば身に着けて自由に記念撮影ができる。係がマジックテープで簡単に着付けてくれるだけなのに、本当にみんなよく似合っている。洋服の衿が衣装の下からのぞかないようにするのがなりきるためのポイント。たとえば冬でもタートルネックのセーターはダメ。また、開園直後は大型バスでやって来る団体客で混雑するので、少しずらして11時以降に入園する。これが、貸し衣裳をはじめ、パークを思いきり楽しむためのコツだ。

安心できるお土産ショップ

台所のセット 台所のセット

ドラマの中で、料理は特に重要な要素。台所は地味なセットなのにもかかわらず、じっくり見ている人が目立つ。
そして最後にあるのがお土産ショップ。番組を制作した放送局MBCの施設だけに、市内にあふれているようなインチキ商品は皆無で、値段も市中の店より少し安い。

タクシーで行くよりも……

牢獄のセット 牢獄のセット

ソウル市内からタクシーに乗ると1万円くらいかかるという。それにソウルのタクシー運転手はチャングム・パークがどこにあるかを知らない。これに限らず、タクシーの運転手は日本ほど地理に明るい人ばかりではなく、目的地の場所がわからないからタクシーに乗ってしまえというような使い方はできない。
チャングム・パークへは現地旅行社のツアーがいくつも催行されているものの、地下鉄で近くまで行き、自力でたどり着いた時の満足感は格別だ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索