page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・バーゲンの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バーゲンシーズン到来!ソウルの免税店はお得がいっぱい


掲載日:2007/10/17 テーマ:バーゲン 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: お土産 バーゲン ブランド


侮れない韓国の免税店

あの韓流スターたちも売り上げに貢献中 あの韓流スターたちも売り上げに貢献中

韓国の免税店は他の国に比べて有名ブランドの入店率が高く、バックも日本では入手困難なレアな商品が入手できると評判です。ブランド品がお徳に購入できる免税店はソウル市内だけで6軒もあります。すべて韓国政府の厳しい審査を経ているので品質も保障され、安心して購入できます。また、365日無休で日本語も問題なく、価格表示はドルですが、現地通過のウォンはもちろん円、ドル、トラベラーズチェック、クレジットカードなど都合に合わせて支払いができるのも魅力です。

バーゲンシーズンが到来しました

免税店は団体客が来ない午前中が狙い目!掘り出し物も早く発見できそう 免税店は団体客が来ない午前中が狙い目!掘り出し物も早く発見できそう

韓国では旧暦で盆や正月を祝います。日本人にはピンと来ませんが、今年は9月下旬にお盆が終わったばかりです。お盆が終われば韓国はデパートも一般商店もバーゲンシーズンに突入するのです。もちろん免税店も例外ではありません。処分セールと銘打って大々的に価格を下げたバーゲンが始まります。

免税店限定のイベントも満載です

ファンでなくても貰えれば嬉しい非売品もゲット。これはお母さんへの土産へ… ファンでなくても貰えれば嬉しい非売品もゲット。これはお母さんへの土産へ…

出発前はセールの日程や割引対象商品は各免税店のホームページでチェックするのが一番早い方法です。韓国に到着したら空港や案内所に置いてあるフリーペーパーで最新のバーゲン情報を入手してください。戦略を練りいざ出陣!免税店によっては市内を無料で巡回しているバスや購入者を対象にタクシー代(上限あり)を出してくれる店もあるので、観光のついでに各店を見て周るのも賢い使い方です。また、購入金額によって非売品やノベルティーがもらえたり、抽選会で豪華商品が当たるイベントを開催している店もあるのでこれも要チェックですね。

4ドルの土産でも株があがるのです

ブランド限定のセット商品や限定キットはレア感もお得感もたっぷり ブランド限定のセット商品や限定キットはレア感もお得感もたっぷり

ブランド品以外にもお徳な商品がザクザクですが、中でも各免税店が化粧品や香水を中心にオリジナルでセットにしている限定キットやワゴンセールの中にある商品には掘り出し物が隠れている可能性があります。また、会社へのお土産もいくら韓国とはいえ、のりやチョコレートではそろそろ芸のネタが尽きたような感じもしますので、仲のいい友達同士なら小さなブランド品も喜ばれると思います。個人的にはANNASUI(アナスイ)の油取り紙4ドルは手頃な価格ながら大好評でした。

クリスマスプレゼントも早めに入手!?

4ドルのANNASUIの油取り紙ですが、日本では置いていないショップもあるのでレア感たっぷり 4ドルのANNASUIの油取り紙ですが、日本では置いていないショップもあるのでレア感たっぷり

韓国で免税品を購入したら商品は空港での受け取りとなります。商品を購入すると引換証を渡されるので帰りの空港で出国審査が終了したら忘れずに商品を受け取ってください。今年のクリスマスプレゼントを韓国の免税店で先取りするのもいいアイデアかも知れません。日本未入荷や入荷予定の商品を早めにゲットできれば株がグッとあがること間違いなしです。購入に関しては現在はウォンが円より強いので、日本国内の価格と免税価格とレートなど格闘して勝ち組を目指してください。

【関連情報】
いすれも日本語のページがあり、取り扱いブランドやセール情報が掲載されてあります。
新羅免税店 www.shilladfs.com
ロッテ免税店、ロッテ免税店ワールド店 www.dfs.lotte.com
ウォーカーヒル免税店 www.walkerhill.com
東和免税店 www.dutyfree24.com
AK免税店COEX店 www.akdfs.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索