page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

歴史的に貴重な邸宅でいただくフュージョン料理でロマンチックなひとときを


掲載日:2007/12/18 テーマ:歴史 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: おいしい グルメ レストラン 穴場 素晴らしい


歴史を肌で感じる仁寺洞はいつも賑やかです

1930年(昭和10年)に建築されたモダン溢れる韓屋です。皇族の子孫の住まいだったこともあり王宮ロマンを肌で感じることができます 1930年(昭和10年)に建築されたモダン溢れる韓屋です。皇族の子孫の住まいだったこともあり王宮ロマンを肌で感じることができます

韓国は日本よりもずいぶん寒いですが、大陸特有のピーンと張った空気はとても気持ちがいいです。そんな空気をかき分けながらの冬の韓国の街を散策するのもオツなものです。散歩コースで断トツの人気は以前も記事で紹介しましたが、王宮群のお膝元、韓国の古きよき雰囲気が残る仁寺洞(インサドン)です。街並み、道の両脇を埋める伝統小物や雑貨、茶屋など韓国の伝統を身近に感じることができることもあり国内外の人でいつも賑わっています。

皇族の子孫の邸宅がレストランになっています

雰囲気抜群の木造造りの店内は、すべて当事のままでタイムスリップしたような不思議な感覚を味わうことができるはずです 雰囲気抜群の木造造りの店内は、すべて当事のままでタイムスリップしたような不思議な感覚を味わうことができるはずです

そんな仁寺洞の通りのはずれに、韓屋を利用し1930年に建築されたとても素敵なダイニングクラブがあります。その店とは韓国伝統家屋Min's Club「民家茶軒」です。フランス料理と韓国料理をミックスさせたフュージョン料理店を自慢とするレストランですが、実はソウル市民俗文化財第15号に指定され、保存されている由緒ある邸宅で、もともとは明成(ミョンソン)皇后の親戚子孫の住まいだった歴史的にも貴重な家屋なのです。

モダン建築のレストランの隅々まで観察してください

ランチは前菜、スープ、サラダ、メイン2種から選択して最後に伝統茶が付きます。写真はメインのひとつで、麺の上にグリルした鶏肉を載せオリジナルのマスタードソースかけた物 ランチは前菜、スープ、サラダ、メイン2種から選択して最後に伝統茶が付きます。写真はメインのひとつで、麺の上にグリルした鶏肉を載せオリジナルのマスタードソースかけた物

韓国式家屋を洋風にアレンジした斬新なデザインは、建築当事には珍しく、トイレと浴室を内部に入れた破格的な形態の近代的建築概念が導入されたことでも大きな話題になっており、建物だけでも一見の価値ある民俗資料となっています。そこで出される韓洋折衷を取り入れた食事は一流ホテル並のサービスと上品な味で、優雅な時間とロマン溢れる時間を提供してくれます。お手軽なランチコースは2万ウォン(約2400円)〜いただけます。

記念日にはぴったりの店です

店内のどこを見ても実に丁寧に手入れが行き届き、スタッフの接客もよく、最高のもてなしを演出してくれます 店内のどこを見ても実に丁寧に手入れが行き届き、スタッフの接客もよく、最高のもてなしを演出してくれます

店内では伝統茶をはじめとするカフェコーナーと食事を楽しむことができるダイニングに別れていますが、どの部屋も古いながらもきれいに保存されていて、懐かしくも新鮮な感じで、訪れた人に幸せな優越感を与えてくれることでしょう。また、韓国ではまだまだ贅沢な酒とされているワインも豊富で、自慢のハウスワインでいただく料理は贅沢で至福な時を過ごせることから、この素敵な空間を記念日に使う人も多いようです。

あまりマスコミに紹介されていない穴場です

仁寺洞の真ん中にありながら、1本路地に入っただけで街の喧騒がウソのように静かです。場所が少し分かりにくいですが、韓屋造りの家に「Min's Club」という看板が出ていますので探してみてください 仁寺洞の真ん中にありながら、1本路地に入っただけで街の喧騒がウソのように静かです。場所が少し分かりにくいですが、韓屋造りの家に「Min's Club」という看板が出ていますので探してみてください

店は仁寺洞の裏通りにあり、静かで閑静なロケーションも自慢ですが、なぜか、日本のマスコミにあまり紹介されていない超穴場でもあります。こんな素敵な店は自分だけの隠れ家にして内緒にしておきたいな……と、思いますが、ぜひ、1度は訪れて王宮ロマンを肌で感じながら食事を楽しんでください。

【関連情報】
■「Min’s Club 民家茶軒」
http://www.minsclub.net
TEL:02-733-2966
営業時間:10:00〜22:00
アクセス:安国(アングク)駅6番出口から徒歩7分。仁寺洞に入り、サムジキルを左手に見てまっすぐ行くと薬局があります。そこを左に入って行くとすぐです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索