page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・映画のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

映画の舞台【猟奇的な彼女】―ロケ地で、感動&爆笑のシーンに再会


掲載日:2008/04/25 テーマ:映画のあの場所 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: ロケ地 映画


韓国ラブコメディの傑作

駅の放送室 駅の放送室

韓国にこんなに面白いラブコメディがあると日本人が知ったのが「猟奇的な彼女」。ハリウッドもその脚本に注目して、「MY SASSY GIRL」というタイトルでリメイクされた。2008年に日本でも公開される。

未開業だったワールドカップ競技場駅を使っての撮影

まだ記憶に新しい2002年の日韓ワールドカップ。韓国のメイン・スタジアムがソウルの西部にあり、地下鉄の「ワールドカップ競技場駅」とつながっている。映画が撮影された頃は駅のある地下鉄6号線は未開業。利用客の整理など面倒な作業もなく、思う存分撮影されたと思える場面の中には印象深いシーンがいくつもある。

オス・メス・トイレ

駅のトイレ 駅のトイレ

主人公ふたりが着替えをして高校の制服スタイルで出てくるトイレ。セットに違いないと思うほどユニークなデザインのトイレはこの地下鉄駅に実在する。ハングルの読めない外国人でも、どちらへ入れば良いのか絶対間違えることがないデザインだと言える。駅にはこことは別にもう1カ所トイレがあり、そこは赤青と白の配色が逆のパターンになっている。
そして、感動的なシーンの撮影場所であり「入ってくる電車に注意してください」などのテープを流し、駅のアナウンスを一手に引き受ける放送室。ここを舞台に、感動のそして爆笑の場面が展開する。

チョルピョン・プデチゲ

チョルピョン・プデチゲ チョルピョン・プデチゲ

韓国料理のひとつにプデチゲというのがある。プデを漢字で書けば「部隊」。兵士達がありあわせのインスタント・ラーメン、ソーセージ、野菜などをヘルメットに入れて調理したことからこの名が付いたという。ちなみにチョルピョンは初年兵。
映画では主人公のキョヌ(チャ・テヒョン)とその友達が食事しているシーンで使われている。
学生街にあるこの店は安くておなかがいっぱいになるところとしてよく知られ、人気がある。

ロケ地で映画の感動をもう一度

延世大学のベンチ 延世大学のベンチ

韓国での公開は2001年。その後、重要な場面のロケ地になった延世大学ではハイヒールとスニーカーを取り替えさせられたベンチが色も形も全く違うものに取り替えられたりしたものの、今回ご紹介した場所はどれもそのまま残っている。公開された時よりむしろ口コミでレンタル等の人気が出たこの映画。その魅力にとりつかれたらロケ地へ行くほかありません。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索