page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・映画のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

映画の舞台【僕の彼女を紹介します】―韓国映画の枠を超えて…


掲載日:2008/05/09 テーマ:映画のあの場所 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: ロケ地 映画 寺院


韓国映画の枠を超えた作品

玉水駅 玉水駅

「僕の彼女を紹介します」は「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン主演で、初めて洋画配給メジャーのワーナー・ブラザーズから正月映画として公開され、韓国映画の観客動員記録を塗り替えた。クライマックス・シーンでX-JAPANの「TEARS」が流れたり、ビジュアル面でも色彩豊かな場面の連続で従来の韓国映画のイメージの枠を超える作品になっている。

若者の街大学路

奉恩寺 奉恩寺

チョン・ジヒョンとチャン・ヒョク、主演のふたりが雨に濡れながら踊るミュージカルの一場面のようなシーンが挿入されている。これが実はセットではなく、ソウルに実際にある道路上で撮影されている。ここは移転前のソウル大学があったことから大学路と呼ばれる地域で、若者の街。また、駅の出口周辺にブースを設け、舞台のチケットを売っている人が多いことでもわかるように、大学路には小劇場がたくさんあって演劇文化の中心地でもある。

ビジネス街にカラフルなオブジェ

大学路 大学路

貿易センターにある超高層ビル、アセム・タワーから投身自殺をはかるヒロイン、チョン・ジヒョンだが“神の手”に助けられる。地上に軟着陸した彼女が少し前まで立っていたビルの屋上を見上げるシーンで幾何学模様を組み合わせたカラフルなオブジェが写っている。これがある場所は実際にはアセム・タワーからはるか離れた金融関係の会社が並んでいるエリア。このほかにも色鮮やかな魚のオブジェなどが近くにあっていろいろな映画やドラマに登場している。

花まつりの奉恩寺

金融街のオブジェ 金融街のオブジェ

キリスト教のイメージが強い韓国にも仏教徒は多く、旧暦の4月8日には各地の寺でお釈迦さまの生誕を祝う花まつりが盛大に開かれる。貿易センターのすぐ隣にあるポヌンサ(奉恩寺)は花まつりの鮮やかな色の提灯が飾られた境内で学生時代の主人公ふたりが別々に記念写真を撮り、偶然同じフレームに入っていたというシーンで登場する。

朱色の玉水駅

ラストシーンの舞台になるのが屋根も柱も朱色、まるで平安神宮のようなソウル・メトロ3号線の玉水駅ホーム。チョン・ジヒョンの「猟奇的な彼女」を見た人なら大爆笑する傑作なパロディがラストシーンで用意されている。乗換えの距離が長いこととホームが深い場所にあって階段を上り下りするのが大変なことを除けば、大変利用しやすいソウルの地下鉄。駅は個性的で、パリのルーブル=リボリ駅のようにホームに美術品のレプリカが飾られた駅もあれば、壁が岩盤むき出し風でトンネルを掘ったままのように見える駅もあって楽しい

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索