page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・安宿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

泊まる場所も自分流にカスタマイズ。自宅のように使えるレジデンスが人気上昇中


掲載日:2008/05/19 テーマ:安宿 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: お得


自分流の旅行にこだわる人が増えています

キッチン、家具、家電など生活に必要な物が全て備え付けられているマンション型の宿泊施設・レジデンスに関心が高まっています。自分の家のような便利さでビジネスマンや子供に気を使う家族に人気です キッチン、家具、家電など生活に必要な物が全て備え付けられているマンション型の宿泊施設・レジデンスに関心が高まっています。自分の家のような便利さでビジネスマンや子供に気を使う家族に人気です

観光、エステ、ショッピング、グルメとやりたいことが山のようにある韓国旅行。最近では航空券だけを個人で手配して自分流のプランで韓国旅行を満喫しているリピーターもたくさんいるようです。この場合はツアーと違って移動手段からホテル選びまで自分で手配することになりますが、意外と難儀するのがホテル選びで、価格重視にするか、ロケーション重視にするか悩ましいところです。

今、大注目の宿泊施設・レジデンス

キッチンには調理器具から電子レンジまでが備えてあるところがほとんどです。ここで数日間暮らすというワクワク感はたまりません キッチンには調理器具から電子レンジまでが備えてあるところがほとんどです。ここで数日間暮らすというワクワク感はたまりません

価格も大事、行動エリアの関係上ロケーションも大事ですが、ホテルという枠に縛られず、今、注目したいのはレジデンスです。レジデンスとは部屋の中にはベッドはもちろん、キッチン、家具、洗濯機などが付いたマンションタイプの宿泊施設のことで、ソウル市内に続々と誕生しています。主な利用者は長期滞在するビジネスマンが多いので、ほとんどの施設が地下鉄の駅からも近く、1度でも泊まってしまえば便利すぎて感動間違いなしです。

自宅のように使える便利さがポイントです

部屋も窮屈間を出さないように工夫されたレジデンスが多く、快適な“マンション”ライフは病みつきです 部屋も窮屈間を出さないように工夫されたレジデンスが多く、快適な“マンション”ライフは病みつきです

ソウル市内にあるレジデンスのほとんどはマンションタイプです。部屋の大きさや規模はさまざまですが、一歩部屋に入れば、まるで韓国に自分専用の部屋があるような開放感が何ともいえません。キッチンには一通りの調理器具や器や皿などもあり、洗濯機も乾燥機を備えたものがほとんどなので、寝る前に洗濯機のスイッチを入れれば、日本に汚れ物を持ち帰る必要がなく、その使い勝手のよさはレジデンスならではです。

プチマダム気分が味わえます

デパートやスーパーで購入してきた惣菜や新鮮な食材を部屋で調理できるのも魅力です。自分の部屋で焼肉だってできるので、食べ盛りの子供がいる家庭では大助かり間違いなし デパートやスーパーで購入してきた惣菜や新鮮な食材を部屋で調理できるのも魅力です。自分の部屋で焼肉だってできるので、食べ盛りの子供がいる家庭では大助かり間違いなし

キッチンが自由に使えるということで、普段の旅行では購入したくてもお土産にできない、肉や野菜などの生鮮食品をスーパーやデパートの地下などで購入して料理もできるので、家族連れや節約派には大変にありがたく、まるでそこに住んでいるかのような、地モティーチックなワクワク、ドキドキ感もたまりません。また、韓国の家電は日本よりもデジタル感が強調されているものが多く、独特なスイッチ音や洗濯機も水ではなく熱湯が出てくる機種だったりと異文化体験も楽しくて仕方ありません。

もちろんホテルのように掃除もしてくれます

収納場所もたっぷりで、いっそのことここに住みたい!と思わずにはいられません 収納場所もたっぷりで、いっそのことここに住みたい!と思わずにはいられません

滞在中はホテルと同じように掃除やベットメイキングもしてくれますので、自分の家のように使いながら、観光やショッピングで疲れて戻ってきても部屋は、いつでもキレイという、使い勝手のよさには大満足間違いなしです。気になる宿泊価格は1人用のシングルで約5万ウォン(約5200円)〜ファミリータイプで約10万ウォン(約12,000円)〜と条件で異なりますが、子供がいる家族や人数によってはホテルより断然お得で便利なので1度は利用してみてください。便利ですよー。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索