page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

アジア中が恋するパンが女性を虜にしています。バターと塩味の絶妙なうまさにノックアウト


掲載日:2009/04/16 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: おいしい スイーツ


日本未上陸のバン(bugne)が人気です

ふわっふわでほんのりとコーヒー味が病みつきのバン(bugne)。すでにアジア中で話題のバン(bugne)が韓国でも大人気です!日本未上陸なので韓国で食べる価値アリですぞ ふわっふわでほんのりとコーヒー味が病みつきのバン(bugne)。すでにアジア中で話題のバン(bugne)が韓国でも大人気です!日本未上陸なので韓国で食べる価値アリですぞ

スイーツ天国の韓国。トッポッキ、ホットックなどのお手軽な屋台系からケーキなどのカフェス系スイーツ、さらにお餅などの伝統スイーツまで、ショッピングや観光の合間にちょっと小腹を満たすものがいっぱいで誘惑もたくさん。日本に負けないくらい多彩な店や種類も魅力的ですがその中でも、ここ最近、韓国中の女の子たちが行列を作っている注目スイーツがあります。その気になるスイーツとは先に東南アジア地方で流行したといわれているほんのりとコーヒー味がする「バン(bugne)」というパン菓子なのです。

国境を越えたおいしさに夢中です

表面はカリカリ、中はふっくらと空洞になっているので両手でつぶして食べる人がほとんど。すると中に入っているバターがパン全体に拡がりさらにおいしくいただけます。あまりのおいしさに軽く2個はいけそう 表面はカリカリ、中はふっくらと空洞になっているので両手でつぶして食べる人がほとんど。すると中に入っているバターがパン全体に拡がりさらにおいしくいただけます。あまりのおいしさに軽く2個はいけそう

バンは「膨らむ」という意味を持つパン菓子なのですが、先にマレーシア、香港、シンガポールが流行の発信地とされ、どの国でも大人気。その筆頭とされるのが1998年マレーシアで誕生した「ロッティボーイ」。タイやインドネシアにも店がありグローバル的なおいしさはお墨付き。韓国では、2007年に誕生以来、口コミやブログなどで絶賛を受け、あっとう間に100店舗を突破してしまいました。それからすぐに香港から「パパロッティ」シンガポールから「ロッティマム」など続々とバンの店が韓国進出を果たし空前のブームを巻き起こしています。

出来立てを食べてこそうまさの感動が拡がります

観光客でも行きやすいロッテデパートの地下には「パパロッティ」があります。コンテナの中には焼きたてがビッシリ。でも、すぐに売れていくのでスタッフは大忙しです 観光客でも行きやすいロッテデパートの地下には「パパロッティ」があります。コンテナの中には焼きたてがビッシリ。でも、すぐに売れていくのでスタッフは大忙しです

ほとんどの店が焼き立てを提供する!というポリシーを持っていて、店の周辺では香ばしいいい匂いが漂ってきます。ロッテデパート(本店・ロッテワールド店)はテイクアウト専用の「パパロッティ」があります。直接店でコネて、オーブンで焼いていますがスタッフが手を休める暇がないほどです。バンをストックするコンテナにも焼きたてがぎっしり。箱買いする人も多く薄っすら焦げ目がついたカリカリとした表面にコーヒーの香りがする甘〜いパンの皮と、フワフワの中身という黄金の組み合わせで人気が出ない訳がありません。

コーヒーとの相性も抜群!だから朝食にもぴったり

塩味スイーツ好きなら絶対にファンになるはず。バターを使いながらも約200キロカロリー前後と意外に低カロリーなのも女性にはハッピーですね 塩味スイーツ好きなら絶対にファンになるはず。バターを使いながらも約200キロカロリー前後と意外に低カロリーなのも女性にはハッピーですね

そして、アツアツのバンをほお張ると、ほんのり塩味の利いたバターがジュワーッとパン生地の間から染み出てきて、なんともいえないおいしさが目を輝かせます! 食べてみて納得! 国境を越え、世界中から愛される理由がわかります! これは日本に上陸しても大ヒット間違いないでしょう。この人気を受け韓国国内にはオリジナルのバンを販売するベーカリーショップも登場するなど「バン」ブームは続いています。おやつとして推奨していますがコーヒーや牛乳との相性も抜群ですから朝食代わりとしてもいけそうです。

食べてみて納得、リピート決定!

いずれの店もこぢんまりとした店舗が多いので、ちょっとみつけにくいのが難点。味はどの店も似ているので、バン(bugne)の店を見つけたら、とにかく食べてみてくださいね。子どもから大人まで虜になるはずです いずれの店もこぢんまりとした店舗が多いので、ちょっとみつけにくいのが難点。味はどの店も似ているので、バン(bugne)の店を見つけたら、とにかく食べてみてくださいね。子どもから大人まで虜になるはずです

ここまでバンの店が多いと果たしてどこがいちばんおいしいのかが気になるところですが…。韓国の女の子たちの評価は「ロッティボーイ」1800ウォン(約130円)、「パパロッティ」2000ウォン(約150円)、「ロッティマム」2000ウォン(約150円)の順で評価されています。見た目はどこも同じなのですが、決め手となるバンズの食感とバターの量や塩加減で好みがあるようです。いずれにしても病みつき必須の日本未上陸の絶品スイーツなので食べないと後悔しますよ〜

【関連情報】
●ロッティボーイ
http://www.rotiboykorea.com/(韓国語)
明洞店
地下鉄2号線乙支路入口(ウルチロイック)駅5・6番の間の出口 徒歩約3分 。明洞メインストリートの中にあるボディショップの角を左に曲がり次の角の左手にあります。
その他、鐘路、弘大、アックジョン店などがあります。イートインも可能です
●パパロッティ
http://www.papparoti.co.kr/(韓国語)
ロッテデパート店(明洞本店、ロッテワールド店)
本店、ロッテワールド店ともに地下の食料品売り場にありますがテイクアウトのみ。その他、現代百貨店などソウル市内には14店舗あります。
●ロッティマム
http://www.rotimumkorea.co.kr/(韓国語)
地下鉄2号線宣陵(ソンヌン)駅店ほか市内には6店舗あります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/04/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索