page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

歩き疲れた体が喜ぶ甘さと体にいい苦さが効く!この不思議な組み合わせで元気回復


掲載日:2009/06/11 テーマ:グルメ 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: おいしい お茶 スイーツ


ガイドブックでひっぱりだこの有名店です

プルプルとした“鹿角”のエキスを入れて飲むお茶は韓方医のアドバイスを受けて作られているだけに疲れたときや体調が悪いときに飲みに来る常連もたくさん。生姜の砂糖漬けと一緒に飲むとおいしくいただけます プルプルとした“鹿角”のエキスを入れて飲むお茶は韓方医のアドバイスを受けて作られているだけに疲れたときや体調が悪いときに飲みに来る常連もたくさん。生姜の砂糖漬けと一緒に飲むとおいしくいただけます

ソウルの真ん中にありながら韓国の伝統的家屋・韓屋(ハノク)などが立ち並ぶ、生きた伝統文化の街、北村(プクチョン)。そのエリア内にある三清洞(サンチョンドン)には、韓屋の姿を残したレトロモダンなショップや飲食店がいっぱいあります。その中のひとつに「ソウルで二番目においしい店」ともいわれている、ちょっとユニークな名前の店があります。こぢんまりとした店ながら休日には行列もできてしまう店の前にたどりつくと甘くいい匂いが鼻をくすぐります

優しい甘さでホッとリラックスできます

店の人気メニュー“タンパッチュ(おしるこ)”は朝から晩までコンロの火を消す時間がないほどの大人気で小さな厨房は大忙しです 店の人気メニュー“タンパッチュ(おしるこ)”は朝から晩までコンロの火を消す時間がないほどの大人気で小さな厨房は大忙しです

ここでいただけるのはタンパッチュといわれるおしるこです。25年前に店のオーナーである“キムおばさん”が自慢の味を他の人にも食べてもらいたいと思い店を開店させ、あっという間に地元に人に拡がり、そこから口コミで話題となり、今では行列の絶えない店のひとつとして知られるようになりました。通常、韓国のおしるこは、日本のように甘くないのが特徴なのですが、この店のおしるこは、ほのかなシナモンの香りをアクセントとした、優しい甘さが特徴で大人気メニューとなっています。

甘い後の苦味が効く!それとも苦い後の甘さ?

韓国のおしるこはあまり甘くないのが定番化しているのですが、ここでは日本と同じように甘めに仕上がっています。栗や銀杏、餅などが入っていて、食べごたえもバッチリで、この味を求め休日には行列もできるほど 韓国のおしるこはあまり甘くないのが定番化しているのですが、ここでは日本と同じように甘めに仕上がっています。栗や銀杏、餅などが入っていて、食べごたえもバッチリで、この味を求め休日には行列もできるほど

おしるこの中には栗、ギンナン、そして、柔らかく伸びのいい餅が入っています。これが何ともホッとする味で、くどくない甘さに女性だけでなく、男性をも虜にしているのです。近隣にある会社の昼休みには食後のデザートとして食べに来る人も多く、小さな店の小さな厨房はいつも大忙し。そんな絶品おしるこの甘い幸せの共にしてほしいものがあります。もうひとつの店の自慢、鹿角大補湯(ノッカクテボタン)といわれる韓方茶です。

韓方ゼリーを入れていただく不思議なお茶です

近隣にある会社の人たちも食後のデザートや仕事の合間のおやつとして食べに集まります。くどくない優しい甘さに女性だけでなく男性にも大人気で男性だけのグループも珍しくないとか 近隣にある会社の人たちも食後のデザートや仕事の合間のおやつとして食べに集まります。くどくない優しい甘さに女性だけでなく男性にも大人気で男性だけのグループも珍しくないとか

鹿角大補湯とは葛根、桂皮をはじめ、10種類の韓方の原料を24時間煎じたオリジナルの韓方茶です。が、ここでは他の店にない驚きの飲み方がポイントとなっています。お茶を注文すると濃い茶褐色の韓方茶といっしょにプルップルのゼリーが小皿で運ばれてきますが、それをツルッとお茶の中に滑り込ませてしまうのです。ゼリーの正体はコラーゲンや滋養強壮たっぷりの“鹿角(ノッカク)”いわゆる鹿の角。これを2日間煮出し、そのエキスをゼリー状に固めたものは“あっ”という間にお茶に溶けてしまうので食感はまったくありません。

良薬口に苦くなく、意外とグイグイいけます

周辺の伝統美を生かしながら、とってもかわいらしい店の外観にも惹かれてしまいます。駅から少し遠く感じますが、昔ながらの雰囲気が残る珍しい街の中にあるので散策しながら行くと楽しくたどり着きます 周辺の伝統美を生かしながら、とってもかわいらしい店の外観にも惹かれてしまいます。駅から少し遠く感じますが、昔ながらの雰囲気が残る珍しい街の中にあるので散策しながら行くと楽しくたどり着きます

韓方独特の香りと苦味に、最後まで飲めるかな?と心配ですが、付け合せの生姜の砂糖漬けをつまみながらいただくと、グイグイいけてしまうから不思議。これは旅行で歩き疲れた体にもぴったりですね。甘いおしること韓方茶の疲労回復食で、また元気にソウルの街に飛び出せるはずです。

【関連情報】
ソウルで二番目においしい店(ソウルソ トゥチェロ チャルハヌン チプ)

住所:ソウル市鍾路区三清洞28-21
電話:02-734-5302(日本語不可)
営業時間:11:00〜22:00
休日:旧盆、旧正月
アクセス:地下鉄3号線景福宮(キョンボックン)駅5番出口を出てまっすぐ進みます。光化門(カンファムン)を過ぎ景福宮の角に差し掛かったら横断歩道を渡り、すぐに左(サンチョンドンキルに入る)に曲がりまっすぐ歩くと、右手に交番が見えるので、そこからさらに直進します。ロータリーのような場所を越え、もう少し進んで行くと右側に店が見えてきます。有名な韓定食レストラン「龍水山(ヨンスサン)」向かいなのでタクシーで「龍水山」まで行く方法も便利です。駅から徒歩約20分
メニュー:タンパッチュ5500ウォン(約410円)、鹿角大補湯7500ウォン(約560円)全品テイクアウト可能

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索