page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

暑い夏こそ鍋で暑気払い。新鮮な魚介類たっぷりのヘムルタン(海鮮鍋)で夏バテ防止


掲載日:2009/07/16 テーマ:グルメ 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: おいしい グルメ レストラン 夏にオススメ 魚料理


夏こそ鍋!韓国では常識です

グツグツと煮えた鍋の中に水槽から上げたばかりの生きたタコを投入します!「タコさん、ごめんなさい!」思わず叫んでしまいますが、数分後には「おいしいね!」と満面の笑顔は残酷ですか?(笑) グツグツと煮えた鍋の中に水槽から上げたばかりの生きたタコを投入します!「タコさん、ごめんなさい!」思わず叫んでしまいますが、数分後には「おいしいね!」と満面の笑顔は残酷ですか?(笑)

日本では、夏にあまり鍋料理は食べませんが、逆に韓国では「以熱治熱(イヨルチヨル)」といって、夏の暑さは熱いもので克服しようという風潮があります。盛夏でもグツグツとした鍋を食べて汗を出す! これが、意外に涼しさを導き、実に気持ちいいのです。夏だからこそ、夏バテ防止のためにアツアツの鍋を食べて、韓国的に“涼しく”なりましょう。

辛くないヘムルタンで暑気払いを

テーブルを埋め尽くす海鮮料理のオンパレード。こんな贅沢は韓国だからできるのです! テーブルを埋め尽くす海鮮料理のオンパレード。こんな贅沢は韓国だからできるのです!

韓国の鍋には唐辛子ベースの辛い鍋料理もありますが、やはり、夏なので、この時期にいただくなら、あまり辛くないヘムルタン系がおすすめです。ヘムルタンとは、新鮮な魚介類と野菜やニンニクが、たっぷり入った海鮮鍋のことです。海鮮物を扱う店には、結構、当たりはずれがあったりするのですが、明洞(ミョンドン)の中に、観光客だけでなく、地元の人にも大評判の海鮮専門店があります。店名は「群山オジンオ」(クンサンオジンオ)。この店のヘムルタンは実にリピーターが多く夕食時には、あっという間に席が埋まってしまいます。

観光レストランでは出せない実力がいい!

絶品!うますぎるカンジャンケジャン(渡りガニの醤油漬け)は、大きさも味も大満足で涙が出るほどウマウマです。さすが、海鮮専門店です!もちろん、チューチューと吸いながら食べるのはお約束です 絶品!うますぎるカンジャンケジャン(渡りガニの醤油漬け)は、大きさも味も大満足で涙が出るほどウマウマです。さすが、海鮮専門店です!もちろん、チューチューと吸いながら食べるのはお約束です

さっそく、私も“評判”のヘムルタンを注文してみます。まずは、あっという間にいつものごとく、サービスで出されるおかずが、テーブルを埋め尽くします。新鮮な渡りガニを醤油に漬け込んだ、絶品カンジャンケジャンも1年中食べることができるのも、さすが海鮮専門店です。店の自慢のヘムルタンは、鮮度のいい魚介類を使っているのは基本中の基本ですが、同じ鍋に同居する野菜の新鮮さと鍋の味を決めるべき“秘伝のスープ”が日本人、韓国人、問わず魅了しているとのこと。

パフォーマンス!?生きたままのタコ投入は必見!

新鮮なイカを揚げたてんぷらも実においしく、韓国式にハサミで切っていただきます。サクッとした歯ごたえとプリプリの食感にお酒が進んでしまい困ってしまいます 新鮮なイカを揚げたてんぷらも実においしく、韓国式にハサミで切っていただきます。サクッとした歯ごたえとプリプリの食感にお酒が進んでしまい困ってしまいます

グツグツと鍋が煮立ってくるとイカやムール貝、カニやエビなど海の物ならではの、潮っぽい、いい匂いが鼻をくすぐります。野菜もしんなりしてきたところで、箸を伸ばそうとした瞬間、店のスタッフから“待った”をかけられてしまいました。あれ?と思う間もなく、スタスタとやってきたスタッフが鍋の前にかがみこみ、驚くことなかれ、生きたままのタコを鍋の中に投入してしまいました! 驚きの素材投入と鍋の中でウニウニと動くタコに視線が釘付けです。

最後の最後までおいしいのが鍋の基本です

夕食時や休日は大混雑の実力店です。確実に席を確保したいときは、ぜひ予約をして出かけてくださいね 夕食時や休日は大混雑の実力店です。確実に席を確保したいときは、ぜひ予約をして出かけてくださいね

タコもあっという間に鍋の具材となり、栄養満点のヘムルタンが出来上がったところで、スープをひとくち口に運びます。海鮮のいいダシが出たコクあるスープと新鮮でプリプリした魚介類がおいしすぎます。ひととおり食べ終わったら、うまみを含んだスープに麺やご飯を入れて食べてくださいね。かなりのボリュームたっぷりのシメとなり、満腹感に大満足するはずです。また、何といっても汗をかいた後のスッキリ感はとても気分よく、思わず「シオナダ〜(涼しい〜)」と口にしたくなるはずですよ。

【関連情報】
郡山オジンオ(クンサンオジンオ)
住所:ソウル市 中区(チュング) 明洞2街25−26 1F
電話:02-773-9393(日本語可)
休日:旧盆、旧正月
メニュー一例:ヘムルタン大・5500ウォン(約4050円)中45000ウォン(約3317円)その他2人前からコースあり80000ウォン(約5800円)〜
アクセス:地下鉄4号線明洞(ミョンドン)駅8番出口を出て、1本目の路地を左に入ってまっすぐ進み、2つ目の角(左手にミニGOLDという宝石店)を右に入って道なりに進むと、左側にあります。少し裏にありますので、遠慮なく店に場所を聞いてくださいとのこと。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索