page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

滋養にもよく胃にもやさしい話題の「プゴックク」は極上の美肌スープなのです


掲載日:2010/02/04 テーマ:グルメ 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: おいしい グルメ 朝食


美肌になると噂のスープを飲んでみませんか?

韓国で二日酔いの媚薬として親しまれているプゴッククが美肌スープとして日本人の女性を夢中にさせています。プゴックとは干しタラを叩いて裂いて煮込んだスープのことで、身から出たアミノ酸が肌を美しくさせるとか 韓国で二日酔いの媚薬として親しまれているプゴッククが美肌スープとして日本人の女性を夢中にさせています。プゴックとは干しタラを叩いて裂いて煮込んだスープのことで、身から出たアミノ酸が肌を美しくさせるとか

韓国ではお酒を飲んだ翌朝や二日酔い緩和に飲むという「プゴックク」というものがあります。プゴッククとは、干したスケソウダラを叩いたあと、スルメを裂くように身を細かくして、鍋でコトコトと煮るスープ料理のことで、一般家庭でもよく作られる代表的な韓国家庭料理のことです。実は、このプゴッククが、美肌グルメとして日本人女性に大人気の一品となっているのをご存知ですか?発端はある日本のTV番組でプゴッククのおかげで、年齢にくじけない輝くような肌を保っているという韓国人女性の登場にびっくり、と一気に話題になってしまいました。

プゴッククだけで30年以上の実績!

プゴックク専門店「トジュッコル」のメニューは干しタラのスープ(プゴックク)ひとつだけ。大鍋で長時間煮込まれたスープは朝の早い時間から休む間なく客に注がれていきます プゴックク専門店「トジュッコル」のメニューは干しタラのスープ(プゴックク)ひとつだけ。大鍋で長時間煮込まれたスープは朝の早い時間から休む間なく客に注がれていきます

オフィスビルが立ち並ぶソウル市庁の裏手には多くの飲食店がひしめきあっています。その中の一軒にソウル市民に評判のプゴックク専門店「トジュッコル」があります。この店メニューは30年以上も前からプゴックク1品のみ。タラのスープ一筋で勝負してきた、実力派の老舗店です。その証拠に開店と同時に会社へ向かう人を中心に人が流れ込み、30分もしないうちに席は満席という状態です。メニューがひとつしかないので、席に座れば瞬時に目の前にスープが運ばれるので忙しい朝にはぴったりの朝食メニューというわけです。

滋養もあり胃にやさしく、朝食にぴったり

そのまま食べてもおいしいのですが、あっさりとした味付けになっているので、好みでアミ(小エビ)の塩辛やキムチを入れて食べても美味です。ご飯もセットでついてくるので、韓国人はおじや風にして食べる人がほとんど そのまま食べてもおいしいのですが、あっさりとした味付けになっているので、好みでアミ(小エビ)の塩辛やキムチを入れて食べても美味です。ご飯もセットでついてくるので、韓国人はおじや風にして食べる人がほとんど

人気の秘密はあっさりしながらも深い味わいのあるスープにあります。牛のアキレス腱で取ったスープにタラの身を加え、大鍋でコトコト煮込み、仕上げの段階で豆腐、卵、ネギを加えてお客に出されます。韓国では別名へジャンククとも呼ばれ、二日酔いの妙薬としても飲まれるほど胃にやさしいので、辛い料理に疲れた胃にもぴったりの料理です。味は薄味に仕上げてあるので、テーブルの上にはあらかじめニラ、あみ(小エビ)の塩辛、キムチなどがセルフサービスで取れるようになっているので、これらをスープに加えて好みの味に仕上げて食べることができます。

これが話題の美肌メニューです!

テーブルにはあらかじめキムチやニラなどがセルフで取れるようにセットされています。これらを好みでスープに投入して食べてください。スープがなくなれば店の人が注ぎ足してくれる嬉しいサービスもありです テーブルにはあらかじめキムチやニラなどがセルフで取れるようにセットされています。これらを好みでスープに投入して食べてください。スープがなくなれば店の人が注ぎ足してくれる嬉しいサービスもありです

では、なぜ、滋養にいいこのスープが美肌にもいいかといいますと、干しタラには健康ブームの引き金となったアミノ酸が多く含まれています。そして、女性の美肌の基本になるたっぷりのスープのおかげではないかと推測されています。まっ、細かいウンチクはともかく、体にも肌にもいいタラのスープが5000ウォン(約470円)でいただけてしまう幸せは見逃せません。これだけでもありがたいのに、もっとスープを飲みたかったら店のスタッフに頼めば無料で継ぎ足しもしてくれるなんて嬉しいじゃありませんか。

早起きは三文以上のお得かも

ソウル市庁裏のオフィス街の中にあるので少し分かりにくいかも知れませんが、近隣ではとても有名な店なので地元の人に尋ねて行けばすぐに見つかります ソウル市庁裏のオフィス街の中にあるので少し分かりにくいかも知れませんが、近隣ではとても有名な店なので地元の人に尋ねて行けばすぐに見つかります

さらに、時間に忙しいトラベラーに嬉しいのは、平日はもちろん、土曜日も日曜日も朝7時から営業しているということ。明洞エリアからタクシーで移動しても基本料金ほどで行くことができるので、早起きして滋養と美容成分スープを体に貯え、1日を始める、これこそソウルの朝の幸せです。

【関連情報】
プゴックチプ専門店「トジュッコル」
住所:ソウル市中区茶洞173
電話:02-777-3891(日本語不可)
営業時間:7:00〜20:00(平日)7:00〜17:00(土曜、休日)
休日:年中無休
アクセス:地下鉄2号線乙支路入口(ウルチロイック)駅2番出口を出て1本目の角を左に曲がります。そのまままっすぐ行き2本目の角を右に曲がり、進んで行くとあります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/02/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索