page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ここに来れば恋が叶う!?ソウルの最強恋愛パワースポットでラブ運アップ!


掲載日:2010/02/09 テーマ:観光地・名所 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: おもしろい すごい! 公園


パワースポットへ行ってみませんか?

あっ、と驚くほど鈴なりの”鍵”の数々。南山公園の中にあるNソウルタワーの下は最強の恋愛パワースポットとして多くの恋を成就させている・・・・らしいですよ あっ、と驚くほど鈴なりの”鍵”の数々。南山公園の中にあるNソウルタワーの下は最強の恋愛パワースポットとして多くの恋を成就させている・・・・らしいですよ

韓国は磁場ポイントと呼ばれる場所が多く、不思議パワースポットが国内のあちらこちらに存在しているといわれています。日本もそうですが、パワースポットとよばれている場所には、なぜか人が惹きつけられる不思議な力、そこにいるだけで、ジワーッとパワーが満ちてくるような気がします。そんな、パワースポットがソウル市内の身近な場所にあります。その場所とは、ソウルを象徴するNソウルタワーを掲げる「南山公園」です。

願い事をロックして成就を祈ってみよう

ソウルタワーの周辺は緑も豊かで、韓国ドラマのロケ地としてもよく使われています。タワーのある頂上まで行くにはケーブルカーが一番便利です ソウルタワーの周辺は緑も豊かで、韓国ドラマのロケ地としてもよく使われています。タワーのある頂上まで行くにはケーブルカーが一番便利です

南山公園とは、おなじみのNソウルタワーをはじめ、豊富な緑を抱えた裾野に、噴水公演、図書館、植物園などがあり、観光地としてだけでなく、ソウル市民のオアシスとして愛されている場所です。そんな、南山公園の頂上、Nソウルタワーの真下に、なんと、最強の恋愛パワースポットが存在するのです。どんな場所だろうとワクワクしながら訪れるとすぐに、驚きの光景が目に入ります。そこには、“キー(鍵)ツリー”をはじめフェンスにまで鍵、鍵、鍵!そうです、ここでは願い事を鍵でロックオンできるのです。

恋愛の神が宿る場所で愛を誓ってみませんか?

さらに、その数の多さにもビックリするはずです。これを見てしまうと「やっぱりご利益があるんだ!」興奮間違いなし。失礼してメッセージの書かれた鍵を拝見すると、恋愛成就への願いはもちろん、永遠の愛を誓う人、ここで愛の告白をした記念日のほかに、韓国では20歳以上の健全な男性は約2年の兵役の義務が課せられるため、除隊するその日までお互いを待つ約束など「好きな人のそばにずっと居たい」という、愛に対する想いがたっぷりとロックされ、パワーもひしひしと伝わってきます。

せっかくなので願い事を欲張ってもいいかも

今や韓国イチの恋愛パワースポットといわれているこの場所ですが、恋愛だけでなく、お願いごとなら何でもいいそうですよ。例えば、ローマのトレビの泉のように、再びこの場所(ソウル)に来ることができますように、とか、教育熱心な韓国にあやかって合格祈願もありだとか。願いを閉じ込める鍵は日本から持ってきてもいいのですが、タワー内の売店でも販売しているので、ぜひとも、強い磁場の力を借り、願いを託してみませんか。

言葉をなくすくらい美しい夜景も必見です

願いを込めて鍵をかけたあとは、ソウルの街を一望しながら、周辺を散策してください。特に夕暮れにかけては、宝石のようにキラキラと輝くソウルの街がノスタルジー感を煽り、旅の旅情を盛り上げてくれること間違いなしです。もし、好きな人といっしょであれば、この雰囲気だけでも女性はクラッと来ること間違いなしです。熱々カップルも婚活中の方も片思いの人も、とにかく願いごとがある方!最強のパワースポット、南山公園に行かなくちゃ!そして想いをがっちりとロックしてください!
【関連情報】
Nソウルタワー(南山公園)

アクセス:いくつかアクセス方法がありますタワーに行く簡単な方法は南山ケーブルカー乗り場までタクシーで行き、ケーブルカー乗車が楽な方法です。地下鉄4号線フェフョン駅1番出口からも歩いて行くことができます(要・体力)市内を循環しているイエローバス(南山循環バス)に乗り終点、ソウルタワー下車。明洞地域からタクシーで約10分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/02/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索