韓国初のチベット料理店! ソウルで神秘の土地の味を楽しんで

韓国・ソウル・グルメの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

韓国初のチベット料理店! ソウルで神秘の土地の味を楽しんで

掲載日:2011/12/01 テーマ:グルメ 行き先: 韓国 / ソウル ライター:金光英実

タグ: おいしい グルメ レストラン



ABガイド:金光英実

【韓国のABガイド】 金光英実
全ガイドを見る
ソウル在住。96年に延世大学語学堂に留学後、そのまま居つくことに。韓国ドラマの字幕を作ったり小説を翻訳したりと、趣味と実用を兼ねてこつこつと仕事中。ガイドブックや芸能関係の取材・ライティングなど、いろいろやってます。共著に「ため口韓国語」「週末ソウル」(平凡社)等など。

店に足を踏み入れると、そこはすでにチベット。ぬくもりを感じる素朴なインテリアと情緒ある小物が郷愁を誘います。 店に足を踏み入れると、そこはすでにチベット。ぬくもりを感じる素朴なインテリアと情緒ある小物が郷愁を誘います。

チベット料理っておいしいの?

韓国初そして唯一の、チベット人が経営するチベットレストランです。あまり親しみのないチベット料理ですが、はたしておいしいのかを、率直に聞いてみました。オーナーいわく「ありのままの料理を提供して、それをおいしいと感じるかまずいと感じるかはお客さま次第です。おいしいよ、と言って、もし口に合わなかったら無責任ですので」。実際のところ、しょっぱすぎず辛すぎずで、意外にも韓国人の口には合うようです。韓国の地方料理といった感じでしょうか。ここは今どきの韓国人&チベット人たちの集まる、リトルチベットとしても有名なお店です。

 

1杯2000ウォンとお手ごろ価格。1本一万ウォンなので、酒飲みなら瓶で頼んだほうがお得なのですが、この酸っぱさに耐えられるか……。まずは1杯飲んでみて。 1杯2000ウォンとお手ごろ価格。1本一万ウォンなので、酒飲みなら瓶で頼んだほうがお得なのですが、この酸っぱさに耐えられるか……。まずは1杯飲んでみて。

チベット風マッコリはフルーティー

ちまたでブームのマッコリ。ソウルのあちこちで飲み歩いた私ですが、チベット風マッコリとの出会いは軽い衝撃でした。韓国の甘いマッコリと違い、プレーンヨーグルトのような酸味が爽やかで、なんともフルーティー! ただ、あまーいマッコリに慣れている人には、酸っぱくて飲めないかもしれません。特筆すべきは、ポタラで出されるマッコリは手作りということ。工場で大量生産されたものではないので、その時々によって味も風味も異なります。そういう一期一会的な出会いもステキです。

 

日本にもラスグラファンは意外に多いようです。1皿3個入りで3000ウォンなので、未経験の方、気軽にトライしてみては? けっこういけますよ。 日本にもラスグラファンは意外に多いようです。1皿3個入りで3000ウォンなので、未経験の方、気軽にトライしてみては? けっこういけますよ。

マッコリのお供に、甘〜いチベットチーズボール

噛んだ瞬間、甘みがじゅわっとしみ出てきます。ひとくち食べた瞬間、思わずフランスのお菓子、サバランを思い出しました。かむとキューキューと音がして、スポンジを食べているような感触。なんとも不思議な歯触りのこのスイーツ、チベットやインドではどこの店にも置かれている、代表的なデザートだそうです。牛乳を沸騰させて作ったカスを水飴で煮たもので、酸味のきいたチベット風マッコリのお供にピッタリ。渋い抹茶に甘い和菓子を組み合わせるのと似ていますね。

 

高原地帯にあるチベットでは、バター茶をたくさん飲んで高山病を防ぐそうです。一気に飲むと体も温まって、体温の維持にも役立つとか。「チベットにいるときは1日に25杯くらい飲みます」とオーナー。 高原地帯にあるチベットでは、バター茶をたくさん飲んで高山病を防ぐそうです。一気に飲むと体も温まって、体温の維持にも役立つとか。「チベットにいるときは1日に25杯くらい飲みます」とオーナー。

一般家庭で飲まれているバター茶

「ボタ茶もおいしいよ」と友人に言われて、何のことだろうと思っていたら、「バター茶」のことでした。韓国語の発音では「バター」が「ボター」になるんですね。これはチベットの代表的な飲み物で、お茶にバターを入れたものだそうです。飲み慣れるとおいしく感じるようですが、初めての私には不思議な飲み物でした。ちなみに、チベットのバターはもっと生臭いので、現地のものはもっと飲みにくいかもしれません。常連さんがチベット旅行から戻ってきて、「ポタラのバター茶のほうがおいしかった」と言ってくれたそうです。

 

「チベット独立運動をしているせいで、実は今も監視されているんですよ。韓国にもチベットの歴史と文化を知ってもらいたくて、この店を作りました」と言うのは、オーナーのテンジン・テレックさん 「チベット独立運動をしているせいで、実は今も監視されているんですよ。韓国にもチベットの歴史と文化を知ってもらいたくて、この店を作りました」と言うのは、オーナーのテンジン・テレックさん

関連情報

チベットボタラレストラン
住所:ソウル市 中区(チュング)苧洞(チョドン)1街(ガ)95−1(2階)
電話:070−8112−8848
営業時間:11:00〜22:00(21:00ラストオーダー)
休日:秋夕、旧正月、夏休み(1年で3日)
メニュー:Dhecy(チャーハン)8000ウォン、DheThuk(お粥)8000ウォン
アクセス:明洞キルを東に進み、明洞ロイヤルホテルを通りすぎて、明洞聖堂の手前の道を左に曲がる。ゆるいカーブのところに店があります。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/12/01)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ソウルツアー


最安料金万円

合算 1.48万円4.18万円
旅行代金: 1.484.18万円
燃油:旅行代金に含まれています
2日間
成田発

ソウル ツアー

<JTB Web限定> 成田発 2016年OPENホテルに泊まる!ソウル<便指定 行き:11:50発/帰り:15:30〜15:55発 受託手…

ホテル:アマンティ・ホテル・ソウル(ソウル)
航空会社:イースター航空 指定

旅行会社/ブランド:JTB Web専用商品

合算 1.48万円4.48万円
旅行代金: 1.484.48万円
燃油:旅行代金に含まれています
2日間
成田発

ソウル ツアー

<JTB Web限定> 成田発 2016年OPENホテルに泊まる!ソウル<便指定 行き:11:50発/帰り:15:30〜15:55発 受託手…

ホテル:イビス・バジェット・アンバサダー・ソウル…
航空会社:イースター航空 指定

旅行会社/ブランド:JTB Web専用商品

合算 1.58万円4.68万円
旅行代金: 1.584.68万円
燃油:旅行代金に含まれています
2日間
成田発

ソウル ツアー

<JTB Web限定> 成田発 2016年OPENホテルに泊まる!ソウル<便指定 行き:11:50発/帰り:15:30〜15:55発 受託手…

ホテル:ホテル・スカイパーク・キングスタウン・東…
航空会社:イースター航空 指定

旅行会社/ブランド:JTB Web専用商品

合算 1.68万円4.68万円
旅行代金: 1.684.68万円
燃油:旅行代金に含まれています
2日間
成田発

ソウル ツアー

<JTB Web限定> 成田発 2016年OPENホテルに泊まる!ソウル<便指定 行き:11:50発/帰り:15:30〜15:55発 受託手…

ホテル:ティーマーク・グランド・ホテル(ソウル)
航空会社:イースター航空 指定

旅行会社/ブランド:JTB Web専用商品

合算 1.75万円4.95万円
旅行代金: 1.754.95万円
燃油:旅行代金に含まれています
3日間
成田発

ソウル ツアー

【午前発/午後帰国 ジンエアー利用!】 冬ソウル送迎なしスペシャル3日間 <梨泰院クラウン>滞在

ホテル:ホテル・クラウン・梨泰院(ソウル)
航空会社:ジンエアー 指定

日程表を見る

★空港〜ホテル間の往復送迎なし、3日間限定コース!☆飛行機のチケットとホテルだけの完全フリープランです★大韓航空の格安航空会社(LCC)ジンエアーで行く!ソウル・機内食:軽食の提供・飲料:ミネラル…

旅行会社/ブランド:東武トップ(WEB専用商品)

合算 1.88万円5.18万円
旅行代金: 1.885.18万円
燃油:旅行代金に含まれています
3日間
成田発

ソウル ツアー

<JTB Web限定> 成田発 2016年OPENホテルに泊まる!ソウル<便指定 行き:18:50〜19:50発/帰り:08:40発 受託手…

ホテル:イビス・バジェット・アンバサダー・ソウル…
航空会社:イースター航空 指定

旅行会社/ブランド:JTB Web専用商品


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事