地元民の集まる庶民的なマッコリバー、あの映画俳優も常連さん!

韓国・ソウル・お酒・バーの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

地元民の集まる庶民的なマッコリバー、あの映画俳優も常連さん!

掲載日:2012/09/01 テーマ:お酒・バー 行き先: 韓国 / ソウル ライター:金光英実

タグ: バー・パブ 一度は行きたい 地酒



ABガイド:金光英実

【韓国のABガイド】 金光英実
全ガイドを見る
ソウル在住。96年に延世大学語学堂に留学後、そのまま居つくことに。韓国ドラマの字幕を作ったり小説を翻訳したりと、趣味と実用を兼ねてこつこつと仕事中。ガイドブックや芸能関係の取材・ライティングなど、いろいろやってます。共著に「ため口韓国語」「週末ソウル」(平凡社)等など。

アートな絵が印象的な「新沙洞577」。水槽には刺身用の魚が入っています。 アートな絵が印象的な「新沙洞577」。水槽には刺身用の魚が入っています。

地元民は「雨の降る日はマッコリで1杯」

最近では日本でもおいしいマッコリが飲めるようになりましたが、雰囲気といい味といい、やはり本場のマッコリのおいしさにはかないません(たぶん……)。普通の食堂には瓶マッコリしか置かれていないので、生マッコリを愛する私は時々、マッコリバーに行きます。マッコリは昔から、畑仕事や山登りなど体を使った後に飲むお酒として、年配の方に愛されてきました。最近では、おしゃれなイメージとともに20代の女性にも受け入れられるようになり、スタイリッシュなバーも増えています。お酒好きの私にはうれしい限りです。「雨の降る日はチヂミにマッコリで1杯」というのが定番。私も雨の日に行ってみました。

 

ピアノも置かれています。自信のある方は1曲、披露しては? ピアノも置かれています。自信のある方は1曲、披露しては?

庶民的なマッコリバーだから気取らなくていい

住所をそのまま店名にした「新沙洞577」というこのマッコリバーは、映画俳優ハ・ジョンウの行きつけの店として、一躍注目を浴びました。芸能人の通う店ですが、高級インテリアにこだわる洗練されたバーというわけではありません。少ししゃれた洋風居酒屋、という感じでしょうか。来ている客にもカップルは見当たらず、ほとんどが男同士の団体や女だけで3人など、みんなでわいわいという雰囲気です。シックなマッコリバーが多い中、気取らずに飲めるマッコリバーは貴重な存在なのです。

 

氷を入れるのは楽しいけれど、あまり入れすぎると水っぽくなってしまうので注意! 溶けたら新しい氷に取り替えてくれます(無料)。 氷を入れるのは楽しいけれど、あまり入れすぎると水っぽくなってしまうので注意! 溶けたら新しい氷に取り替えてくれます(無料)。

氷マッコリは癖になるおいしさです

夏に飲むならビール、と相場が決まっていますが、マッコリも意外とお勧めです。特に、ここで出されるマッコリは「氷マッコリ(オルムマッコリ)」と呼ばれ、この店の売りの1つになっています。マッコリを注文すると、砕かれた氷が一緒に出されるので、それをすくってコップに入れ、マッコリを注ぐだけ。氷の量は自分で調節できるので、氷をたくさん入れれば、マッコリかき氷のできあがりです。冷たい1杯はのどごしもよく、癖になりそうなおいしさです。

 

一番人気のヘムル(海産物)トッポッキ。ニッケル鍋で出されるなんて、味わいがありますよね。ピリ辛なので、辛いものが苦手な人にはお勧めできません。量が多いので、これ1品で満腹に。 一番人気のヘムル(海産物)トッポッキ。ニッケル鍋で出されるなんて、味わいがありますよね。ピリ辛なので、辛いものが苦手な人にはお勧めできません。量が多いので、これ1品で満腹に。

朴正煕大統領の愛したマッコリもあります

マッコリの種類は7種類。「え、それだけ?」と言うなかれ。全種類制覇するのは大変なのです。やかんいっぱいに出されるので、1人で何種類も飲みきるのは至難の業。よって、どれを飲むかという選択が、非常に重要となります。私が飲んだのは「京畿(キョンギ)ペダリマッコリ」。朴正煕元大統領が青瓦台でよく飲んでいたそうです。香ばしくてすっきりした味で、甘さ控えめ。瓶マッコリに慣れた舌にはなじめないかもしれません。お勧めは「アルバムマッコリ」。栗でつくられたマッコリは甘くて香りもよく、何杯でも飲めそう。

 

マッコリは8000ウォン〜9000ウォン。ハングルで書かれていますが、どれを飲んでもそれほど失敗はないかと。 マッコリは8000ウォン〜9000ウォン。ハングルで書かれていますが、どれを飲んでもそれほど失敗はないかと。

【関連情報】

新沙洞577(シンサドン オチルチル)
住所:ソウル市江南区新沙洞577−8
電話:02−3443−2992
営業時間:11:00〜14:00、18:30〜04:00
メニュー:全州式ファンテポ(干しスケトウダラ)2万ウォン、カムジャジョン(ジャガイモのちぢみ)1万6千ウォン
アクセス:地下鉄3号線「狎鴎亭」駅4番出口を出てすぐの道を右に入り、一つ目の角を左折、次(カフェベネ)を右折した右側。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/09/01)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ソウル格安航空券



最安値ソウルツアー


最安料金万円

合算 目安 1.58万円2.98万円
旅行代金: 1.582.88万円
燃油目安: 0.000.10万円
3日間
成田発

ソウル ツアー

【成田発/カード決済可】5〜9月出発!《午後発/午前帰り》★ソウルキャンペーン!★往復送迎付♪〈エコノミークラスホテル〉ソウル3日間

ホテル:エコノミークラスホテル(ソウル)
航空会社:ジンエアー、チェジュ航空、ティーウェイ航…

日程表を見る

◆きままに自由時間を満喫!フリープランで行く、ソウル♪◆安心の空港⇔ホテル間送迎付き♪◆LCC利用でお得にソウルへGO!!◆他にもチェジュ航空指定フライトアレンジプランあり♪<ご利用ホテル>★エコ…

旅行会社/ブランド:感動予約。シティツアーズ

合算 目安 1.78万円2.38万円
旅行代金: 1.682.28万円
燃油目安: 0.10万円
3日間
成田発

ソウル ツアー

【成田発】13:25現地着予定のNew Flight「ZE606便」を駆使して到着日もアクティブに!〜初日からいいスタートのイースター航空で…

ホテル:バジェットホテルクラス(ソウル)
航空会社:イースター航空 指定

日程表を見る

■祝!2017年の夏ダイヤから増便となった「ZE606便」■週3便運航します!■ソウル着は13:25を予定。到着日もアクティブに!時間をたっぷり使えます!初日からいいスタートのイースター航空なので…

旅行会社/ブランド:ドリームホリデー

合算 1.88万円2.98万円
旅行代金: 1.882.98万円
燃油:旅行代金に含まれています
3日間
成田発

ソウル ツアー

【成田発/燃油込み/カード決済可】《午後発/午前帰り》4〜6月出発!★ソウル★送迎なしのシンプルプラン♪<ソウルCグレードホテル>ソウル3日…

ホテル:ソウルCグレードホテル(ソウル)
航空会社:アシアナ航空、大韓航空 のいづれか

日程表を見る

◆・.。*†*。.・創業25年、関東・東海を中心に21店舗『感動予約。』をモットーにお客様が満足していただけるツアーをご提案しております。ハワイを中心に、グアム、アジア等お値打ちツアーをご用意して…

旅行会社/ブランド:感動予約。シティツアーズ

合算 1.88万円2.48万円
旅行代金: 1.882.48万円
燃油:旅行代金に含まれています
2日間
成田発

日程表を見る

★ポイント・煩わしい送迎なしプランなので到着から自由行動!送迎手配も可能(別料金)・1泊2日から8日間までアレンジOK!★フライト:成田夕刻発!往路:関東圏の方も余裕で間に合う夕刻発!午後発便も選…

旅行会社/ブランド:グリーンパック

合算 1.93万円2.48万円
旅行代金: 1.932.48万円
燃油:旅行代金に含まれています
2日間
成田発

日程表を見る

★ポイント・煩わしい送迎なしプランなので到着から自由行動!送迎手配も可能(別料金)・1泊2日から8日間までアレンジOK!★フライト:成田夕刻発!往路:関東圏の方も余裕で間に合う夕刻発!午後発便も選…

旅行会社/ブランド:グリーンパック

合算 1.97万円2.88万円
旅行代金: 1.972.88万円
燃油:旅行代金に含まれています
2日間
羽田発

日程表を見る

★滞在時間は1泊2日で40時間!たっぷりソウルが楽しめる!*往路は仕事帰りに行ける羽田発の深夜便利用!*復路も夜便利用だからたっぷり遊べる!★ソウルに着いたらすぐにフリー!ソウル好きにオススメの気…

旅行会社/ブランド:NOE


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事