page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

韓国の定番料理に飽きたら珍味ホンオフェに挑戦


掲載日:2013/08/07 テーマ:グルメ 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: 魚料理 珍味 名物


一度食べたらくせになる個性的な味

13年ほど前、全羅道霊岩(ヨンアム)出身の社長さんが仁寺洞で小さなホンオ店をはじめたところ、ホンオブームに。5年前、今の場所に移転してきたそうです。 13年ほど前、全羅道霊岩(ヨンアム)出身の社長さんが仁寺洞で小さなホンオ店をはじめたところ、ホンオブームに。5年前、今の場所に移転してきたそうです。

「ホンオ」とはガンギエイのことで、全羅南道・黒山(フクサン)島が有名。韓国ではホンオを発酵させた料理があり、世界3大悪臭珍味に挙げられています。韓国人でも苦手な人が多いのに、なぜか日本人には人気。「ホンオのおいしい店はどこか」と聞かれることも多々あります。かくいう私も大のホンオ好き。口に含んだときのあの独特のアンモニア臭が刺激的で、五臓六腑にしみ渡るよう。健康にもよく、酒のさかなにも最適なホンオ。というわけで、今回は私の行きつけの店を紹介します。

黒山島産が食べられるのは珍しい

刺激臭のするホンオは、ヤカンで出される特製マッコリと一緒に胃に流し込むのが定石。「マッコリは田舎から送ってもらっています」と店主。 刺激臭のするホンオは、ヤカンで出される特製マッコリと一緒に胃に流し込むのが定石。「マッコリは田舎から送ってもらっています」と店主。

ホンオは黒山島産が最高級でいちばん美味。ただし、手に入りにくいので、他店ではあまり置いていません。この店では、黒山島でホンオが揚がるたびに直送してもらっています。送られてきたホンオは皮をむいて内臓を取り出し、15〜20日程度、低温にて熟成させるという過程を経なければなりません。注文を受けてから切り身にしてくれるので鮮度も安心。チリ産のものは発酵させたものがソウルの水産市場でも買えますが、黒山島産のものは発酵する手間暇もあって、その倍ほど高くなるそうです。それでも常連さんは黒山島にこだわるのだとか。

初心者には「サマプ」という食べ方がおすすめ

店で漬けたキムチも絶品。3つの味の融合をぜひお楽しみください。 店で漬けたキムチも絶品。3つの味の融合をぜひお楽しみください。

ホンオを使った料理には、チム(蒸しもの)、ムチム(あえもの)、フェ(刺身)などいくつかありますが、初心者には「サマプ」がおすすめ。すっぱい熟成キムチにゆで豚、アミエビの塩辛、ホンオの順に載せ、口の中に放り込んでみて。ホンオの臭みが豚肉とキムチの酸味で緩和され、まろやかになります。ホンオフェをそのまま食べるときは、煎った塩に唐辛子を混ぜた全羅道式調味料に付けるのがいいでしょう。メニューには日本語も書かれているので、お好きな食べ方でどうぞ。

食べて健康になれるのも魅力

ホンオを食べたあとに締めに食べたいのが、メセンイのカルククス。メセンイは日本語ではカプサアオノリと呼ばれていて、きれいな海でしか取れない栄養満点の海藻です。 ホンオを食べたあとに締めに食べたいのが、メセンイのカルククス。メセンイは日本語ではカプサアオノリと呼ばれていて、きれいな海でしか取れない栄養満点の海藻です。

韓国人の中年男性は「体の毒素を排出しに食べに行く」と言います。実際、ホンオには次のような効能があるそうです。1)美容によい……発酵させたガンギエイは高タンパク、低脂肪、低カロリーなので、ダイエット食品としても最適。2)胃炎の予防・治療……代表的なアルカリ性食品であるため。3)関節炎、リューマチ性関節炎の予防・治療……ムコ多糖体であるコンドロイチン硫酸が多く含まれている。4)風邪、二日酔いの治療。一度食べただけではすぐに効果は現れませんが、健康にいいのはうれしいですね。

【関連情報】

口の中でとろける「エイ肝」をサービスで出してくれました。専門店でしか食べられない珍味です。 口の中でとろける「エイ肝」をサービスで出してくれました。専門店でしか食べられない珍味です。

ホンタゲナンマン
住所:ソウル市鍾路区寛勲洞109−1
電話:02−736−4439
営業時間:10:00〜24:00
メニュー:黒山島サマプ(中)12万5000ウォン、チリ産サマプ(中)60000ウォン、メセンイカルククス6000W
アクセス:地下鉄3号線「安国」駅6番出口を出たら振り返り、最初の路地を右に入ってすぐ(2軒目)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/08/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索