page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
韓国・ソウル・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ソウルの外れ、下町っ子が集まる千戸市場で昔ながらの雰囲気を楽しもう


掲載日:2015/08/22 テーマ:観光地・名所 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: おもしろい グルメ 街歩き


古い町並みを歩こう

若者がデートを楽しむロデオ通り。小さなショップがひしめくように建ち並んでいます。 若者がデートを楽しむロデオ通り。小さなショップがひしめくように建ち並んでいます。

近ごろ、一部の在韓日本人の間ではやっているのが、ソウルの古い町を訪ね歩く町歩きです。ソウルもこの10年ですっかり発展し、おしゃれで洗練されたショップやカフェが増えましたよね。ソウルに長く滞在していると、明洞や江南、弘大などの繁華街にはあまりおもしろみを感じなくなってしまいます。韓国ならではの情緒を味わいたい、古い町並みが失われる前に目に焼き付け写真に収めたい、と思うのも当然かもしれません。レトロでディープなソウルの発見が今、ブームなのです。

ソウルの外れ、千戸洞へ行くことに

千戸市場のお店。もう営業していないようです。ハングルで「人生相談」と書かれています。今は人生相談を受ける立場に? 千戸市場のお店。もう営業していないようです。ハングルで「人生相談」と書かれています。今は人生相談を受ける立場に?

千戸洞は1963年に京畿道広州郡からソウルに編入された町です。千戸という名前は「数千戸の民家が建ち並ぶような地域になりますように」という意味が込められているのだとか。風水地理に基づいて付けられました。ソウルの東部に位置しているこの町は、ソウル中心部から地下鉄で約40分の距離にあります。韓国で「テキサス村」と呼ばれる、娼婦街のある町としても知られています。そうした暗い面も持っていますが、下町の情緒と人情あふれるこの町が私は好きです。

千戸の繁華街、ロデオ通り

旅人たちのための安宿。運営されているのかどうかは不明。ぼろぼろのドアが印象的でした。 旅人たちのための安宿。運営されているのかどうかは不明。ぼろぼろのドアが印象的でした。

地下鉄5号線「千戸」駅の5番出口を出て、まずは千戸のロデオ通りを歩くことに。ロデオ通りというと狎鴎亭が有名ですが、千戸にも小さなロデオ通りがあるのです。コスメや靴・衣類などのショップ、カフェなどが建ち並んでいて、ここに来ればひととおり何でもそろうでしょう。ロデオ通りを突っ切って道を渡ると、テキサス村が現れます。いまやすっかりさびれてしまい、「貸し店舗」と書かれた紙があちこちに貼られていて、もの悲しい雰囲気。それでも数軒営業をしています。写真を撮っていると叱られることもあるので注意しましょう。

千戸市場は昔懐かしいソウルの香りが漂う

ホンオ(発酵させたエイ)の刺身とコマク貝。ビールのコップは見たこともない不思議なメーカーのもの。 ホンオ(発酵させたエイ)の刺身とコマク貝。ビールのコップは見たこともない不思議なメーカーのもの。

テキサス村をさらに奥に進むと、千戸市場にたどりつきます。お客さんはそれほど多くありませんが、70年代の面影を残す在来市場は下町の情緒たっぷりです。衣類、外国からの輸入菓子や雑貨、生活用品、唐辛子や韓方材料を売る店など、ありとあらゆる物が無秩序に置かれています。歩き疲れたら、屋台で一服するのもおつ。ガラスケースの中から食べたい食材を指させば、おかみさんが手早く作ってくれます。隣に座ったおじさんたちとすぐに打ち解けられるのも、こんな雰囲気ならではの楽しみですね。

千戸市場でナマズ鍋を食べてみよう

漢江で取れたナマズかと思いきや、養殖だとか。「漢江で取れるものなんて臭くて食べられません」とおかみさん。 漢江で取れたナマズかと思いきや、養殖だとか。「漢江で取れるものなんて臭くて食べられません」とおかみさん。

近代的なビルの建ち並ぶ繁華街から千戸市場に足を踏み入れると、まるで昔にタイムスリップしたかのように感じることでしょう。この異質の空間に慣れるまでは、少し時間がかかるはずです。せっかくここまで来たのなら、レアな料理にも挑戦してみてください。市場の片隅に小さな食堂がいくつも並んでいます。お勧めは向かって左から2番目のナマズ鍋(メギメウンタン)専門店。養殖ナマズを煮たピリ辛のスープは癖がなく、いくらでも食べられます。たらふく食べたら、シメにはラーメンを入れて食べてみて。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/08/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索