スーパーや百貨店のキムチはどんな味?

韓国の百貨店やスーパーに行くと、きちんと袋に入ったキムチを売っています。お土産にも自分の家用にもぴったりの量ですが、「マシッソヨ(おいしい)!」と思うのになかなか巡り合えません。特に百貨店のキムチは日本人向けに軽い辛味のキムチをそろえたという感じです。私はもっと濃くて重たい味のキムチが好みです。私好みの重たい辛味のキムチは、見た目の赤い色も濃くて重たい感じがします。辛味が軽いキムチはやはり赤い色も浅い感じです。

韓国でキムチを買うなら市場のキムチがおすすめ! 韓国でキムチを買うなら市場のキムチがおすすめ!

市場のキムチは大量売り?食べきれるか心配になるけれど‥

自分好みのキムチを求め、市場に行ってみました。とにかく唐辛子の赤が白菜にまとわりついたようなキムチを探します。味見をしてみると、大当たり!しかも安いです!百貨店のキムチの3分の2ぐらいの値段です。市場のキムチは1キロあたりの値段が出ています。白菜をたてに半分に切ったものかまるごと1個売りが基本です。この半分で約1キロぐらいです。こんなにたくさんいらないと思うかもしれませんが、買ってみると、意外とすぐ、食べてしまいます。

キムチのおいしい食べ方はいろいろ

食べ方は買ったばかりの頃はそのまま切って食べます。冷奴にのっけてもおいしいです。古くなって酸っぱくなってきたら、豚バラ肉と炒めて豚キムチにしたり、キムチチゲにします。肉じゃがに入れてもおいしいんですよ。市場のキムチは日本に持って帰るときに、においや汁がもれたりするのが心配かもしれません。韓国の市場のおばちゃんは日本人には、これでもかとサランラップを使って、包んでくれるので大丈夫。とは言っても、スーツケースの中でにおいがもれることもありますが、汁漏れはなしです。

日本語が通じる通じないでキムチの値段が違う?

ソウルの市場でキムチを買うなら、南大門市場や広蔵市場などは、日本語が通じるお店もあります。日本人御用達率が高い市場だけにホテルまで持ってきてくれるなど、サービスも充実しています。そのかわり日本語が通じるお店はふつうのお店とはキムチの値段が違います。もちろん一般のお店は、地元向け価格ですが、日本語が通じないので味見が伝えられなかったりと面倒ですが、なんとかなるものです。ソウルへ行ったら、市場のキムチの中から自分好みのキムチを探してみませんか?