ソウルリピーターにおすすめしたい魚料理

格安航空が何社も飛び、ますます便利になったソウル旅行。初めてなら焼き肉、ピビムパブ、参鶏湯を食べて、あとは屋台でトッポッキをつまんだら、十分満足です。しかし、ソウルは近すぎて、年に数回は行くリピーターもたくさんいます。そうなるとメジャーな韓国料理はもう食べてしまった人たちも少なくありません。そんな韓国料理好きリピーターにおすすめしたいのが「カルチチョーリム」です。

ソウル路地裏グルメ!南大門市場の太刀魚の煮つけ ソウル路地裏グルメ!南大門市場の太刀魚の煮つけ

太刀魚に煮つけを食べる時に使うあの食器にそそられる!

「カルチーチョーリム」は太刀魚の煮つけです。蛋白な白身の太刀魚を唐辛子がきいた真っ赤な汁で煮つけたものです。この太刀魚の煮つけ、本当においしいのは太刀魚じゃなくて、一緒に似た大根です。赤く染まった大根には太刀魚から出たダシがしみこんでいます。お箸でぽろっと崩れるほど柔らかい大根が、メインといってもいいほどです。また、ソウルでは太刀魚の煮つけと言えば、こぶりのアルミ鍋で煮るものと決まっています。使い込まれてあちこちへこんだアルミ鍋にそそられます。それじゃ、太刀魚の煮つけを食べに行ってみましょう!

太刀魚の煮つけ通りってソウルのどこにある?

ソウルには専門街がたくさんあります。じゃいがいもと骨付き豚肉の煮込みの「カムジャタン」なら、地下鉄1号線「東大門」の東大門カムジャタン通りです。トッポッキなら地下鉄2,6号線「新堂」に近い新堂洞トッポッキタウンです。カルチチョーリムにも専門街があります。ソウルの中心部、日本人客も多い南大門市場の路地裏です。表には包装紙屋さんが並ぶ路地裏は、バイク1台通るのがやっとの細さ。ここにカルチチョーリム屋さんが並んでいます。路地のガスコンロにはアルミ鍋に入った真っ赤な太刀魚の煮つけがぐつぐつ! ここで食べたらハズレなしのオーラが漂っている路地です。

一緒に食べたいあの料理

そんな太刀魚の煮つけ通りでイチオシのお店は「ヒラク」です。小さな店は天井の低い2階建てになっています。ヒラクが他のお店と何が違うかと言えば、一緒に煮つけた“大根のおいしさ”につきます。大根のやわらかさ、煮汁の染みこみ方が他の店とは全く違うのです。熱々の太刀魚の煮汁をごはんにかけて食べると、ああ、しあわせ。そうそう、忘れてはいけないことがあります。ヒラクでは太刀魚の煮つけと一緒に、韓国風卵蒸しの「ケランチム」も注文しましょう。ふわっとやさしい味の卵蒸しと、辛味がきいた太刀魚の煮つけはベストマッチです。