韓国で一番食べたい韓国料理

「このご飯を食べるために、ソウルに来ました!」と、言ってもいいぐらい、気に入っているご飯があります。前日に感動的においしい焼き肉を食べようが、参鶏湯を食べようが、「どっちが好き?」と言われたら、その大好きなご飯を選びます。もっと大げさに言うと、もう二度と韓国に行けないとしたら、最後にもう一度、そのご飯を食べます。それは韓国の伝統的な朝ご飯です。

日本の高級旅館の朝ご飯みたいな、韓国の朝ご飯定食 日本の高級旅館の朝ご飯みたいな、韓国の朝ご飯定食

韓国の伝統的な朝ご飯ってどんなの?

その伝統的な朝ご飯は、ほどよく脂がのったイシモチを焼いたもの、白菜や大根のキムチ、もやしやほうれん草のナムル、卵焼き、韓国のり、テンジャンチゲなどの定食です。日本の伝統的な朝ご飯にも似ています。「どこがそんなにすごいご飯なの?普通すぎる!韓国のどこにでもある!」って反論したい人もいるはずです。実際、食べてみると、この朝ご飯定食の奥深さがわかります。おかずのほとんどはおだやかな味で、体にいいものです。足りないものも、多すぎるものもないのが伝統的な朝ご飯です。

李朝の王様が食べた高級魚とは?

韓国でよく食べられているイシモチは姿が美しく、李朝の王様が食べた高級魚です。生の場合は「チョギ」、干したものは「クルビ」と言います。特にクルビは贈答品としても有名です。南大門市場や百貨店に行くと、束になってくくられたイシモチが何万円もするぐらいです。あっさり上品な白身のクルビは、朝ご飯にぴったり。サンマやサバもおいしいですが、朝となると脂っこすぎます。小ぶりでほどよく脂がのったクルビだと胃に負担がかかりません。食べると、体が起きてくる感じがします。

帰国する前にもう一度食べずにはいられない

このイシモチ、ご飯、ナムルなど一式がセットされたアルミのおぼんが自分の前に置かれるだけで幸せです。なんだか日本の高級旅館の朝ご飯のようで、気分も上々。正しい朝ご飯を食べて、正しい1日が始まるって気持ちになってきます。韓国好きの日本人の中には「この朝ご飯を食べると、韓国に来たって気がするね!」、「日本に帰る日、あの朝ご飯を食べて、また、来るって誓うんだ」という人もいます。私もそのひとりです。韓国の伝統的な朝ご飯定食は、朝から開いている食堂に行けば、食べられます。普通すぎるなんて言わずにぜひ、一度食べてみてくださいね!