見た目は海苔巻き寿司でも、味は全然、違います

「どうして、ソウルまでやってきてキムパブなんか食べる必要があるの?」と最初は思ってました。キムパブは韓国の海苔巻きです。日本統治時代に日本ののりまき寿司が韓国に伝わったのが始まりです。キムパブは今や韓国の国民食と言ってもいいほど、よく食べられるごはんです。韓国では幼稚園の遠足やピクニックのお弁当と言えば、キムパブなんですよ。このキムパブ、見た目は日本の海苔巻き寿司と同じですが、一口食べると違いがわかります。酢飯じゃないんです。だから、寿司とは言えません。

お寿司とは言えないけれど、一度食べると、はまる韓国の海苔巻き お寿司とは言えないけれど、一度食べると、はまる韓国の海苔巻き

ホカホカごはんがおいしい海苔巻き

キムパブは酢飯ではないだけでなく、のりも日本の海苔巻きとは違います。キムパブののりは、日本人が韓国土産によく買う、あの韓国のりです。ごま油をぬって軽く塩をふった韓国のりに、温かいごはんを敷いて、卵やハム、ホウレンソウなどを巻いたのがキムパブです。酢が入っていないホカホカごはんなので、細長いおにぎりと言ったほうがいいかもしれません。具はソーセージ、ツナ、たくあんなど、いろいろです。一度、キムパブを食べると「ソウルに来てまで、キムパブなんて食べたくない」と思っていた人ですら、また、食べたくなってしまうほどです。

韓国人ならみんな行ったことがあるキムパブチェーン店

キムパブを食べるなら、韓国全土で大きくチェーン展開している「キムパブ天国」がおすすめです。地下鉄の駅周辺や繁華街のハズレに必ずある人気店です。キムパブ専門店ですが、チゲやピビムパブやラーメンなど、メニューが豊富で安いのが魅力です。キムパブ天国でマヨネーズであえたツナ入りキムパブを食べてみました。注文すると、目の前でおばさんが、巨大な炊飯器からよそった熱々ごはんをのりの上にひろげます。パパパッと、ツナ、ハム、卵、ホウレンソウをのせて、くるっと巻いて、あっというまにキムパブが出来上がりました。ホカホカごはんのできたてキムパブはおいしい〜。

ソウルで絶大な人気を誇る二大名物キムパブ

他にも絶大な人気を誇るキムパブがあります。釜山に近い統営名物の「忠武キムパブ」とソウル中心部の広蔵市場名物の「コマキムパブ」です。忠武キムパブは辛いイカと大根のキムチとキムパブのセットです。具のない一口サイズのキムパブを食べながら、つまようじでイカと大根のキムチを食べるものです。広蔵市場の路地で売られているコマキムパブの場合、具は人参だけです。たくあんと一緒にでてきたキムパブを練りがらし入りのしょうゆにつけて食べます。練りがらしがツ〜ンと鼻にきますが、それがたまりません。韓国のキムパブは独自の発展をとげて、日本の海苔巻きとは違うものになりました。お寿司とは言えませんが、キムパブは一度食べると、また食べたくなる韓国料理です。