極寒のソウルを乗り切るあったか鍋

冬は極寒のソウルですが、近くて安いことから年末年始も人気の海外旅行先です。年末年始休暇が短い方の中には、ソウルでお正月を過ごされる方も多いのではないでしょうか? しかし、ソウルの冬は日本とは比にならないほどの寒さです。常に零下は当たり前、寒い日はマイナス10℃〜20℃を記録することもあります。そんなときの強い味方は、なんといっても体の芯から温まる「辛くて美味しいソウルのあったか鍋」です。冬に食べたい旬なオススメの鍋とお店を紹介します。

冬に食べたい、辛くて美味しいソウルのあったか鍋! 年末年始にオススメのお店 冬に食べたい、辛くて美味しいソウルのあったか鍋! 年末年始にオススメのお店

冬が旬の絶品タラ! 専門店が並ぶ三角地のテグタン通り

まず、冬のソウルで私が1番オススメする鍋は、「テグタン」です。テグとは日本語でタラのことで、ここ韓国でも冬が旬になります。新鮮なタラの身の他に、頭、肝、白子など余すところなく使用します。ここに豆もやし、大根、ネギ、セリをトッピングし、ニンニクとショウガを使った唐辛子の薬味を入れて煮込みます。最後のシメは、日本のように雑炊ではなく、焼飯にするところに韓国らしさを感じます。このテグタンは、ソウル市内の三角地にあるテグタン通りに専門店が並んでいます。その中でも芸能人も訪れる『チャウォンテグタン』が有名です。年末年始も営業していますので、冬のソウルを楽しむためには、絶対に外せないお店ですね。

新鮮で旬な海鮮食材をその場で調理!ソウル最大の水産市場

私のもう1つのオススメは、なんといってもソウルの台所として有名な「鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)」です。ここでは好きな海鮮食材を好きなだけ購入し、地下フロアまたは2階にある「薬味店(ヤンニョンチッ)」というお店へ持ち込んで調理をしてもらいます。新鮮で旬な食材を使って、自分好みの贅沢な絶品チゲ鍋を食べることができます。市場のアジョシ(おじさん)やアジュマ(おばさん)の勢いある声に圧倒されることもしばしばですが、ソウルらしいパワフルな市場で、心もお腹も満たされること間違いしです。

旬の海鮮チゲ鍋で冬のソウルも満喫しよう!

冬のソウルを楽しむためには、辛くて美味しいあったか鍋は欠かせません。特に海産物は旬を迎えますので、他の時期には味わえない絶品食材を食べることができます。なかなか寒い時期に訪れることの少ないソウルですが、贅沢な海鮮チゲ鍋を食べて温まって、冬のソウルも満喫しましょう。