鶏一匹を意味する韓国名物「タッカンマリ」

みなさんは、韓国名物タッカンマリをご存じでしょうか?タッカンマリとは、日本語に直訳すると鶏一匹を意味します。その名の通り、鶏を丸ごと大鍋で煮込み、ジャガイモや長ネギ、トッポギと合わせて食べる韓国の伝統料理です。この専門店が並ぶ東大門の通りを「タッカンマリ通り」といいます。昔ながらの問屋街の裏手に位置し、タッカンマリの名店がところせましと軒を連ねています。外国人観光客だけではなく、地元のご老人もたくさんいますから、観光地化した今でもその味はお墨付きです。よく煮込まれた柔らかい丸鶏はもちろんのことながら、注目したいのは絶品の"つけダレ"です。

目からウロコの美味しさ! 韓国名物タッカンマリのつけダレのレシピ 目からウロコの美味しさ! 韓国名物タッカンマリのつけダレのレシピ

衝撃的な美味しさ! タッカンマリのつけダレ

タッカンマリ通りのお店に入ると、目の前に大鍋が置かれたテーブルに案内されます。日本語が堪能なオモニが、その大鍋に入った丸鶏を調理バサミ1つで手際よくさばいていきます。その後、顔にまで熱気がくるぐらいの強火で、柔らかくなるまで煮込んでいきます。食べ頃になるまでの間に、今度はつけダレを作っていきます。このつけダレを、韓国語で「タテギ」といいます。タテギは、しょうゆをベースに、酢、コチュジャン、ニンニク、練りがらしを合わせて作ります。一見日常にある一般的な調味料を合わせただけなのですが、これが衝撃的に美味しいのです。柔らかく煮込まれた丸鶏以上に、私はこのつけダレに感動してしまいました。

まさに万能ダレ! サラダやしゃぶしゃぶにもオススメ

このつけダレは、一般家庭にあるもので十分に作れます。また、お好みで分量を変えられますので、酸味や辛味が苦手な方も調整が可能です。私は、隠し味でニラを加えるのがお気にいりです。また、タッカンマリのつけダレは、まさに万能タレともいえます。サラダやしゃぶしゃぶと合わせても美味しく食べられますので、自分なりにアレンジしてみてもいいかもしれませんね。簡単なレシピで誰でも美味しくできますので、是非ご家庭でも韓国の味を楽しんでみて下さい。