日本発の和スイーツが仲間入り!

韓国の屋台グルメといえば、みなさんは何を思い浮かべますか? 韓国には、韓国式の餅に甘辛ダレを合わせたトッポッキや串に練りものを刺したオデン、天ぷらなど、たくさんの屋台グルメがあります。こうしたいわゆるお食事系の屋台グルメの他に、おやつ屋台といわれるスイーツやおやつに最適なファストフードを販売する屋台もあります。代表的なおやつとして、シナモン黒蜜入りお焼きのホットクが挙げられます。一方で屋台にも流行があるようで、ワッフルやエッグタルトなどを取り扱うお店も目立ちます。こうした中、最近韓国のおやつ屋台で人気の和スイーツがあるのです。それが「いちご大福」です。

日本発の和スイーツが韓国で大人気!? いたるところに立ち並ぶ”いちご大福”の屋台 日本発の和スイーツが韓国で大人気!? いたるところに立ち並ぶ”いちご大福”の屋台

まるで日本の和菓子店! 手際よく包まれていく「いちご大福」

流行の最先端を先取りする、韓国の渋谷といわれる明洞を歩いていると、いたるところにいちご大福の屋台があることに気づきます。サイズの大きないちごとあんこを手際よく包んでいく様子は、まるで日本の和菓子店を見ているかのようです。お店によっては行列ができるほどの人気っぷりです。日本発祥のスイーツが、なぜ今韓国で流行しているのでしょうか。

韓国のいちご大福人気のルーツは大阪にあり

韓国のいちご大福人気のルーツは、とある韓国人が、旅行先の大阪でたまたま食べたことに始まります。その韓国人というのが、現在江南エリアでフルーツ大福店「モチイヤギ」を経営するキムさんです。いちご大福の美味しさに感銘を受けたキムさんは、韓国で広めるために、大阪の和菓子店に何度も頼みこんで修行したのだそうです。韓国人は、映画やドラマで必ず果物を食べているシーンがあるほど、果物好きなことで知られています。また、お餅とあんこも大好きな韓国人にとって、いちご大福は受け入れやすいスイーツだったのでしょう。発売から瞬く間に人気メニューとなり、今では数多くの屋台がいちご大福を販売するようになりました。いちごの他にも、様々なフルーツを包んだ韓国ならではの大福もあります。韓国を訪れた際には、韓国式にアレンジされた日本発の和スイーツを、是非楽しんでみてはいかがでしょうか。