ソウルで日本人が食べたいものとは?

「ソウルにいる時になんでフライドチキンを食べなあかんの? 韓国でしか食べられない料理がいっぱいあるでしょ!」と、最初は思ってました。でも、今はその気持ちもわかります。以前、韓国のガイドブックの仕事をしていた時、日本人が韓国で食べたいもののかなり上位にフライドチキンがランキングされていました。日本人に一番有名な韓国の鶏肉料理は、参鶏湯(サンゲタン)です。これは、理解できますが、韓国で食べたい料理がよりによって、日本でも食べられるフライドチキンなの?

ホフで一羽を注文するとこれぐらいの量。ケチャップとマヨネーズがついてきます ホフで一羽を注文するとこれぐらいの量。ケチャップとマヨネーズがついてきます

韓国人のフライドチキン好きに驚いた!

鶏肉の甘辛煮込みのタットリタン、鶏の鉄板焼きのタッカルビ、鶏肉の串焼きのタッコチなどなど、鶏肉を使った韓国料理はいっぱいあります。フライドチキンは、全国共通と言おうか、韓国でもハズレの味はめったにありません。ちなみに韓国でもフライドチキンは、外来語でフライドチキンといいます。韓国は、フライドチキンのお店が異常なほど多い国です。繁華街、市場、地下鉄の入り口付近には、必ずあります。そこで食べるお店もあれば、持ち帰り専門店もあり、人通りがあるところには、必ずフライドチキンのお店ありです。カラオケに行くと、フライドチキンの出前をとるのも韓国では常識なんですよ!

韓国語で「チメ」って、どういう意味?

韓国語で「チメ」という言葉があります。これは「チキン」の「チ」とビールを表す「メクチュ」をあわせた造語で、フライドチキンとビールという意味です。「今日、チメする?」と言えば、「フライドチキンとビールを食べに行こうか」という意味になります。韓国ではビールとフライドチキンは、常にペアです。「ホフ」と言うビールを飲むお店で注文するのは、必ずフライドチキンです。韓流ドラマを見ていると、チメしているシーンがしょっちゅう出てきます。この影響もあり、日本人にも韓国のフライドチキンは知られるようになりました。

韓国のフライドチキンの注文の仕方

韓国のフライドチキンは、ハンマリ(一羽)かバンマリ(半羽)単位で注文します。韓国人カップルがホフに行くと、普通は二人で一羽を食べます。ホフに行く前に、別のものを食べてから行くので、一羽は多い気がしませんか? でも、マネしてみると、意外といけちゃいます。一羽で注文すると、手羽先、胸、ももなど、いろんな部位が混じっています。異なる食感を楽しめるからあきません。味付けは、特に韓国らしくはありませんが、大根キムチが必ずついてきます。これを食べると、フライドチキンの脂っこさが消え、口がさっぱり。まだまだ食べられそうです。韓国に行ったら、私たちも「チメ」してみませんか!