韓国料理で私が気になるのは、量が多め、お腹に来るものが多い

ソウルを訪れる日本人の女性が必ずと言ってもいいほど口にする言葉は「韓国人の女の子って、あんなによく食べるのに、なんであんなにスタイルがいいの?」です。本当にそう。韓国人の女の子は、腹にくるものをよく食べます。例えば、「トック」と呼ばれるお餅です。韓国のお餅は、一見、和菓子風ですが、食べてみると甘味がほとんどありません。だからパクパクいけちゃうんですが、腹にきます。それにトッポッキやオデンなどの屋台のスナックにしても1人前の量が多い。日本人ならこれだけで1食分になりそうです。とにかく韓国料理って本当に量が多いです。日本人が韓国に行くと、お決まりのように食べるサムゲタンもしかり。

初韓国、初ソウルなら「土俗村」は、やはり行くべき?

サムゲタンは、鶏肉のおなかに朝鮮人参、栗、ナツメ、もち米などをつめて煮たものです。まるままの鶏肉からでた、滋味たっぷりのスープにもち米のとろみがついて激うまです。小ぶりの鶏かもしれませんが、まるごと一羽、しかもおなかには、たっぷりのもち米が詰まっているとなると、とにかく腹にきます。昼にサムゲタンを食べたら、夜はもういらないって感じです。ソウルどころか韓国で一番有名なサムゲタン屋さんと言えば、「土俗村(ドゾクチョン)」のサムゲタンです。ここのはスープが白ではなく、黄味がかっていて、どろりと濃いです。確かに別格のおいしさ。はじめての韓国ならおすすめです。でも、何度も行ったことがあるのなら、もうちょっと軽いサムゲタンを食べに行きませんか?

とにかく濃厚な土俗村のサムゲタン! 食べた翌日にはお肌つるつるの美肌効果もあると言われています とにかく濃厚な土俗村のサムゲタン! 食べた翌日にはお肌つるつるの美肌効果もあると言われています

南大門市場にある「カルチチム通り」に行ってみよう!

ソウルの中心部、南大門市場の細い路地にある食堂街におすすめサムゲタンのお店があります。このあたりは「カルチチム通り」とも言われています。「カルチチム」とは、太刀魚を蒸したものです。この路地には、ペコペコのアルミの鍋で煮た「太刀魚の煮つけ」屋さんが並んでいます。太刀魚のダシがしみた大根が感動的に美味しく、日本人旅行者が多いところですが、このカルチチム通りに「ソウルサムゲタン」があります。もともとは市場で働く人たちが食べる食堂が集まっているところなので、ソウルサムゲタンも目立たない外観のお店です。そして市場で働く人たち御用達なので、お値段も安いです。

「ソウルサムゲタン」。ソウル市中区南倉洞34-52、02-755-6925。南大門のカルチチム通りは、名店揃いでハズレなし! 「ソウルサムゲタン」。ソウル市中区南倉洞34-52、02-755-6925。南大門のカルチチム通りは、名店揃いでハズレなし!

おすすめは、サムゲタンではなくて、パンゲタン!

「ソウルサムゲタン」のおすすめは、「パンゲタン」です。サムゲタンではなくて、「パンゲタン」? パンゲタンとは、半羽のサムゲタンです。半羽でも、ちゃんと朝鮮人参もナツメも栗も入っていますよ。でも、半羽だから肉ももち米の量もちょうどいいんです。お味は、土俗村とは異なり、あっさりしています。おなかいっぱいになりますが、しばらく動き回ると、また、何か食べられます。安くて、美味しくて、路地裏のB級食堂の雰囲気も味わえて、文句なしです。ソウルのリピーターで、サムゲタンは何度か食べたという人におすすめの「パンゲタン」です。

「ソウルサムゲタン」のパムゲタンは、あっさり軽め。夜に食べても、胃にきません! 「ソウルサムゲタン」のパムゲタンは、あっさり軽め。夜に食べても、胃にきません!