page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

韓流スターも通うソウルのカムジャタン専門店「光化門トゥッカム」は、ひとり旅でも気軽に入れる有名店です


掲載日:2020/06/04 テーマ:グルメ 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: おいしい スパイシー料理 安い 行列のできる店 辛い 肉料理


一度食べれば誰でも夢中、カムジャタン!

グツグツ、アツアツ、これがカムジャタンです グツグツ、アツアツ、これがカムジャタンです

カムジャタンはお好きですか?「カムジャ(=じゃがいも)」の「タン(=スープ)」という名前の、韓国の鍋料理です。じゃがいものスープというとヴィシソワーズなどのポテトクリームスープを想像してしまいそうですが、カムジャタンはそれとはまったく別物。豚の骨付き背肉をぶつ切りにして、唐辛子やにんにくなどで柔らかく煮込んだものです。背肉の他の主な具材は丸ごとのじゃがいも。エゴマの葉もよく入っています。骨付き肉のだしが効いた辛いスープとほくほくのじゃがいも、そして食べにくい部分ほどおいしい背肉が、豪快な見た目とともに人気の高い鍋なのです。

たとえば「ひとり旅の女性」でも安心して入れるレストランは?

初めてでも入りやすい、敷居の低さがありがたい 初めてでも入りやすい、敷居の低さがありがたい

このカムジャタン、一昔前まではひとり旅で食べるチャンスがなかなかありませんでした。韓国ではひとりで食事をする習慣があまりなかったためです。しかし近年は、生活や旅行スタイルの変化に従って、ひとりで入っておいしい食事を楽しめるレストランが増えてきました。カムジャタンは、そんな中でもひとり用の土鍋(トゥッペギ)で出してくれるお店が多いので助かります。有名なのは東大門カムジャタン通りですが、ビジネスマンも多い光化門エリアにも、名店があるんですよ。

店名がすでに名物を表しているのです

目立たない外観でも有名店 目立たない外観でも有名店

ご紹介するのは「光化門トゥッカム」。店名は、「トゥッペギのカムジャタン」の略です。つまり、「ひとり用鍋でカムジャタンを出してくれる」という意味ですね。しかも、15時〜17時の休憩以外はほぼ24時間営業という使いやすさ。私は遅めの朝食に入ってみました。座って注文するとたちまち供される、アツアツの鍋!ひとり用といってもなかなかの分量です。複雑な形の背骨からほろほろと肉を外して口に運ぶのは、おいしいし楽しいひととき。肉のうまみを吸い込んだじゃがいもと、アクセントになるエゴマの葉、そしてテーブルに並んだカクテキなどのおかずもすべて最高です。

辛いけどおいしい、おいしいけど辛い、エンドレスに食べ続ける…

これが特製のつけだれ これが特製のつけだれ

白いごはんに鍋の具を載せて食べてもよし、スープをかけてもよし。また、甘酸っぱいタレも肉の味を変化させる名脇役です。このお店は、ふつうのカムジャタン専門店よりも骨にくっついている肉の量が多いことも有名。ボリューム重視のお客さんも、味にうるさいお客さんも満足できるんですね。店内にずらっと貼られた韓流スターのサインが実力を物語っています。それでいて、まったく気取ったところがなく、とても庶民的で親しみやすい、まさに昔ながらの韓国らしいスタイルの名店ですよ。

周辺は静かな一等地、便利な場所です

すぐそばにあったオマーン大使館。高級ホテルなども建つ界隈 すぐそばにあったオマーン大使館。高級ホテルなども建つ界隈

もちろん、ひとり鍋以外にも、カムジャタンや豆腐チゲなどの鍋料理のメニューもあります。トゥッペギカムジャタンには白いごはんがついてきますが、鍋料理のカムジャタンなら、春雨やスジェビ(すいとん)も入れられます。こちらも魅力的ですね!光化門駅1番出口から徒歩3分ほど、サブウェイとセブンイレブンにはさまれた小さなお店ですから、見逃さないように注意してくださいね!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/06/04)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索