ホテル・プレジデントのビルに入店しているテナントです

韓国の伝統的な美容法から、最新型のマシーンを使ったサロンまで、ソウルのエステはよりどりみどりです。ソウル初心者の私は選びきれなくて困りました。迷った末、明洞エリアのマッサージ専門店「SPA Le BODY」へ行ってみました。予約もなしに、観光帰りにフラッと入ってみましたが、腕のいいサロンでしたよ! こちらのサロンをご紹介しましょう。

窓からの眺めがいい店内 窓からの眺めがいい店内

元々は、ソウルの足マッサージの草分け的存在

「SPA Le BODY」は、商号が数回変わっているため、日本語の韓国旅行サイトではまだ紹介が少ないのです。2014年末から現在の商号になっています。それ以前は、「スキンケア LUCE(ルーチェ)」、さらに前には「劉昭榛(ユ・ソジン)足アロマケア」という名称でした。1997年創業の、このタイプのサロンとしては老舗店です。創業当初は足マッサージの専門店でしたが、徐々にエステティックにもメニューの幅を広げ、現在では総合的な美容サロンとなっています。

個室内はほどよくシンプル、ほどよくデコラティブでいい雰囲気 個室内はほどよくシンプル、ほどよくデコラティブでいい雰囲気

至れり尽くせりな足用メニュー

観光で足が疲れていた私は、基本の足マッサージコース(60分、6759円)を選びました。初めに、足浴専用の立派なチェアに座り、足浴をします。このチェアはガラス張りのブースで2脚並んでいるので、友達同士やカップルで来てもいいなと思いました。個室に通され、クリームを使って足裏からふくらはぎまでをマッサージします。揉みほぐし方は、かなりしっかりめ。ソフトなマッサージが好きな人は、痛く感じるかもしれません。その場合は、我慢せず担当者に言いましょう。私の担当の方は、少し日本語が話せました。

この箱はヒーリングスパだそうです! この箱はヒーリングスパだそうです!

いろいろなコースを試してみたくなりました!

ハンドとツボ押しマッサージ棒を使ったマッサージの後に、足のむくみを取るエアマッサージ機を使って終了です。エアマッサージ機もなかなか強め。しかも担当者は足にエアマッサージ機を穿かせたあとは退室するので、もしも強すぎると感じたら早めに言いましょう。担当者が退室してしまうと、呼ぶのが大変です。このように、このサロンの特徴は、ソフトタッチで癒されるマッサージではなく、しっかり揉みほぐしてくれることにありますね。ホテル・プレジデントのビルに入っているテナントなので、立地もばっちり。フェイシャルやボディケアのコースもありますよ!