page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

防寒の服装は万全に! 冬のNソウルタワーに潜む危険


掲載日:2015/06/22 テーマ:観光地・名所 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: 一度は行きたい 絶景 夜景


韓国の定番デートスポット「Nソウルタワー」

防寒の服装は万全に! 冬のNソウルタワーに潜む危険 防寒の服装は万全に! 冬のNソウルタワーに潜む危険

韓国の定番デートスポットといえば、やはりNソウルタワーですね。なんといっても、ソウルの素晴らしい夜景を一望できるのが大きな魅力です。夜にもなれば、外国人観光客を中心に、地元カップルや男女のグループでとてもにぎわいます。明洞からもタクシーで数分で着きますので、お食事後、ロマンチックに夜景を見に行くのもオススメです。ここには展望レストランもありますので、夜景を見ながらの食事もオススメですよ。しかし、冬にNソウルタワーを訪れる場合は、ちょっとした危険が潜んでいます。

極寒の冬のNソウルタワー、十分な防寒対策を

Nソウルタワーには、「南山ケーブルカー」、「ソウルシティーバスツアー」、「一般バス」、「徒歩」のいづれかの方法で行くことができます。タクシーが乗り入れることができるのは、南山ケーブルカー乗り場までなので、予め注意が必要です。特に夜景を見に行く外国人観光客は、多くの方がこのケーブルカーを利用すると思います。行きは、十分に並べる広い屋内空間がありますが、帰りは数十分外で並んで待つことになります。冬の韓国が氷点下なのは有名ですが、ここは標高が高いため、ソウル市内よりもずっと寒く感じられます。南山ケーブルカーを利用する場合は、十分な防寒対策が必要です。

足もとの凍結には要注意! 大事故につながることも

もうひとつ注意しておきたいのが、徒歩の場合です。初めから徒歩でNソウルタワーを目指す人は、かなり少ないと思います。しかし、帰りのケーブルカーに乗る行列に数十分も並んでいると、その寒さから徒歩で下ることを選ぶ人もたくさんいます。そのときは、必ず足もとに注意して下さい。必ず所々凍っている箇所があります。特に、雨が降った翌日は要注意です。Nソウルタワーの階段は、とても急です。帰り道で転んでケガをしてしまうと、せっかくの旅行が台無しになりかねません。しっかりと防寒対策をして、なるべくケーブルカーを利用するようにしましょう。どうしても徒歩を選ばれる方は、必ず滑りにくい靴を履いていくようにしましょう。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/06/22)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索