若者たちの韓国式クリスマスの過ごし方

韓国で主に信仰されている宗教は、歴史的にも儒教と思っている方が多いのではないでしょうか? 年間行事や国民の休日、礼儀、カルチャーに至るまで、現在の韓国を作り上げたのは、儒教であるといっても過言ではありません。しかし、現在は欧米化が進んだことも伴い、国民の約3割がキリスト教を信仰しているといわれています。それに対して儒教は、今や数パーセントにまでその数が減っています。そのため韓国内にはキリスト教会がたくさんある他、キリスト教に基づいた行事もたくさん行われています。その代表的な行事が”クリスマス”です。日本でもなじみの深いクリスマスですが、韓国ではどのように過ごすのでしょうか? 今回は、若者たちの過ごし方とトレンドを紹介します。

今どきの若者たちはどう過ごす? 韓国クリスマスのトレンドに注目 今どきの若者たちはどう過ごす? 韓国クリスマスのトレンドに注目

コンサートを楽しむのがトレンド

まず注目したいのは、クリスマスが国民の休日ということです。韓国が儒教の国からキリスト教の国へ、大きく転換したことが伺い知れます。そのため若者は、クリスマスを恋人や友人たちと過ごすことがポピュラーになっています。では、韓国の若者たちは、クリスマスにどこへ行くのか気になるところですよね。最も多いのは、コンサート会場やクラブのようです。韓国は、K-POPをはじめとするエンターテイメント先進国です。そのため、クリスマス限定のコンサートやイベントが各地で開催されます。最近では、韓国のアーティストがクリスマスに日本で公演することも多く、両国のファンは毎年その動向をチェックしているようですよ。

クリスマスセールも

また、街では日本同様にクリスマスセールが開催されます。年末年始セールと同時開催なことも多く、普段は購入できない高価なものをゲットするチャンスです。訪韓観光客向けのクーポンなどもありますので、この時期に韓国へ行かれる方は要チェックですよ。一方でまだまだ教会や聖堂で過ごすという、敬虔なキリスト教徒の若者たちも多いといいます。クリスマスに韓国を訪れる際は、若者たちのトレンドに注目しながらも、教会や聖堂でキリスト教の国を感じてみるのもいいかもしれませんね。