page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

韓国最大宗派の仏教寺院「曹渓寺」は、歴史ある仁寺洞の町並みに溶け込む古刹です


掲載日:2020/06/04 テーマ:観光地・名所 行き先: 韓国 / ソウル

タグ: 穴場 寺院 女子旅におすすめの行き先


おしゃれな仁寺洞でお茶して買い物。そのあとはここへも是非!

一日中、参拝客が絶えない 一日中、参拝客が絶えない

ソウルの一大観光地である仁寺洞(インサドン)に、歴史の深い仏教寺院があります。仁寺洞といえば、伝統的家屋を利用したカフェやショップが並ぶ、落ち着きのある町。旅行者にとっても魅力いっぱいの仁寺洞で、「曹渓寺(チョゲサ)」をお参りしてみませんか。ここは、1938年に創建された禅宗系のお寺です。曹渓寺の前身は1395年まで遡るため、そこから数えると大変な歴史ですよね。日本と同じように、韓国にも独自に発展した仏教の宗派がありますが、中でも「曹渓宗」は韓国最大の宗派です。曹渓寺は曹渓宗の総本山なので、毎日多くの人々が参拝に訪れるのです。

韓国スタイルのカラフルなお寺です

ため息が出るほど美しい丹青(韓国伝統形式の色彩) ため息が出るほど美しい丹青(韓国伝統形式の色彩)

最大宗派の総本山といっても、都会の中心部にある寺院ですから、境内は意外にコンパクト。韓国の地方にあるお寺に比べると拍子抜けする狭さですが、それだけに、ソウル観光の合間の時間にも立ち寄りやすいのがいいですね。「大韓仏教総本山曹渓寺」と、旧字体混じりの漢字で書かれた堂々たる門をくぐると、すぐに本堂である「大雄殿」が見えます。大雄殿は、韓国でも最大級の木造建築物といわれています。

大雄殿を囲む2本の大木に注目しましょう

建築物と同等の存在感を放つエンジュの大木 建築物と同等の存在感を放つエンジュの大木

大雄殿の前には立派なエンジュの木があり、枝には色とりどりの提灯が飾られていてとてもきれいです。また大雄殿の脇には樹齢500年の幹が白松があります。両方とも縁起のよい樹木で、大雄殿を守るようにして立つ姿は頼もしいですよ。この他、梵鐘楼や極楽殿も韓国らしい色彩の建築が空によく映えます。極楽殿は、以前は壁になにも塗られていませんでしたが、今は修復作業が済んで、美しい仏教絵画がぎっしりと描かれています。また、外国人向けの案内所やお土産を買えるショップもあります。

異国の中の異国情緒?仏塔に祈る人々もたくさんいました

仏塔とエンジュの木 仏塔とエンジュの木

敷地の中で、私がひときわ目を引かれたのは、どこか異国情緒を感じさせる塔でした。韓国に来ているので異国情緒というのも妙ですが、たしかに、韓国仏教とも異なるさらなるエキゾチックなムードを放っています。これは1930年にスリランカの仏教寺院から寄贈された仏塔。もとは7層の塔でしたが、2009年にさらに高い10層の塔に建て替えられました。写真で見たオリジナルの塔よりシャープなデザインになりましたが、変わらぬ信仰を集めている様子でした。韓国とスリランカ、イメージ的にすぐ結びつかないかもしれませんが、共に古くから仏教を信仰した国というつながりがあるんですね。

ホームページからさまざまな情報にもアクセスできます

曹渓寺全景。エンジュの木の他、白松も見える 曹渓寺全景。エンジュの木の他、白松も見える

曹渓寺は、テンプルライフプログラムやテンプルステイプログラムが充実していることでも有名です。観光気分の短期旅行者でも気軽にトライできるので、興味があればどうぞ。お寺のホームページに日本語の案内が載っています。“韓国の京都”とも呼ばれる仁寺洞で、ミニ宿坊体験も思い出になりそうですね。
曹渓寺ホームページ http://www.jogyesa.kr/user/japan/

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/06/04)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索