世界の一流ホテルが軒を連ねる韓国

みなさんは、韓国に行ったらどんなところに泊まりますか? 先進国のひとつである韓国は、ソウルを中心にかなりの都市化が進んでいます。ヒルトンやマリオット、ロッテホテルをはじめとする世界の一流ホテルが軒を連ねています。また、一方でエコノミークラスのビジネスホテルも豊富に揃っているため、安価でもキレイでアメニティの整ったホテルにも泊まることができます。一見バックパッカーには旅しにくい印象の韓国ですが、実はまだまだディープなスポットも安宿もたくさんあります。私のように寝床を確保できればどんなところでもいい、そんな安宿フリークのみなさんに、韓国でオススメの安宿を紹介します。

韓国一人旅にオススメ! 弘大エリア周辺の激安ゲストハウス 韓国一人旅にオススメ! 弘大エリア周辺の激安ゲストハウス

安宿を目当てなら弘大及び新村エリアへ

まず、韓国で安宿が揃っているエリアといえば、弘大(ホンデ)及び新村(シンチョン)エリアです。ここは韓国を代表する学生街のため、ゲストハウスやドミトリーが豊富に揃っています。主に世界中から集まる勤勉な留学生が利用していることもあってか、宿泊施設の秩序もいいように感じます。もちろん部屋が空いていれば、バックパッカーや安宿目当てのビジネスマンが泊まることもあります。昔は本当に「泊まるだけなら…」といった印象のこのエリアでしたが、安宿といえどサービス競争もあってキレイでアメニティの整った宿が多くなりました。なかには朝食サービスのある宿もあり、安宿だからと侮ることができません。

アップルツリーゲストハウスがオススメ

その中でも私がオススメするのは、望遠(マンウォン)地区にある「Apple Tree Guest House(アップルツリーゲストハウス)」です。このゲストハウスの最も魅力的な部分は、オーナーのシャロンさんです。まだ若いシャロンさんは、宿泊が決まると駅からの道案内やその他質問にも英語で親切に答えてくれます。また、ゲストハウスにも関わらずエアコンが完備、ベッドも清潔感があって寝心地も抜群です。朝食サービスもある他、もちろん自炊も可能です。これで1人1泊当たり1500円程度ですから、ただ寝床確保を考えている安宿フリークもうれしいポイントです。是非ソウルへ行く際には、こちらの宿もチェックしてみてはいかがでしょうか?